Jump to content

Leaderboard


Popular Content

Showing most liked content on 06/07/19 in all areas

  1. 1 like
    Hi Skill.Leo0 This is explained in the Radioss reference guide and user guide. Please have a look You can provide Type 7 interface to contact setup between brake pads and brake disk. Refer the attached example also BRAKE2_0000.rad BRAKE2_0001.rad BRAKE2_0002.rad
  2. 1 like
    こんにちは、@amethyst hm_getvalueで取得できる節点のData nameでは、x, y, zが参照座標系からの座標値、globalx, globaly, globalzが全体座標系からの座標値となっていますので、必要に応じて使い分けていただくのが良いかと思われます。 今回、ボルトのモデル化に、1Dページ⇒connectorsパネル⇒bolt機能は利用されていますか? コネクターが使われているのであれば、部品のリプレース機能で部品入れ替え後に、コネクターのリアライズ(再接続)を実行するだけで完結できると思われます。
×
×
  • Create New...