Jump to content

Leaderboard


Popular Content

Showing most liked content on 10/09/19 in all areas

  1. 1 like
    "*deleteelementsmode" is "Deprecated Commands" So it's better to use: *setoption delete_elements_mode=<value> The remesh setting for topology revision. 0 - Keep mesh 1 - Delete mesh 2 - Remesh 3 - Advanced remesh 4 - 2D + 3D (tetra) remesh
  2. 1 like
    Hi @Pandurang Topology revision can change with "*deleteelementsmode 0". Thanks, Imoto
  3. 1 like
    部品間の指定値以内の距離の箇所に、自動的に接触を定義したい場合は、Contact Browserをご利用いただくと便利です。 指定していただくのは、基本的には下記の2つです。  ①接触を定義したい複数のコンポーネント=Pick allication region  ②接触を定義する部品間の距離(隙間)=Vichnity tolerance 詳細はビデオをご確認下さい。 ContactBrowser.mp4
  4. 1 like
    set original " 1 min length 1 1.0 10.00 7.750 3.250 1.000 0.000 0"; 上記のような、文字列の変数があった場合に、「split $original」を実行すると、下記のように返ってきます。 {} 1 min length {} {} {} {} {} {} {} {} 1 1.0 {} {} 10.00 {} {} 7.750 {} {} 3.250 {} {} 1.000 {} {} 0.000 {} {} {} {} {} {} 0 空白のリストだけを消したい場合は、下記のようにlremoveコマンドを使うと消すことができます。 lremove -all [split $original] ⇒1 min length 1 1.0 10.00 7.750 3.250 1.000 0.000 0
  5. 1 like
    『1節点が7要素以上に接続している箇所を見つけたい』という問い合わせが、2年に1回ほどあります。 そこで、該当の箇所を見つけるスクリプトを作ってみました。 プルダウンメニューFile⇒Run⇒Tcl/Tk Scriptから、↓のTclファイルを実行して下さい。 HM_Detect1nodeConnectedtoOver7elems.tcl 7要素以上に接続している節点には、IDを表示します。
  6. 1 like
    https://altairhyperworks.jp/ResourceLibrary.aspx?&category=Videos
  7. 1 like
    http://www.altairjp.co.jp/landing/ajvideos ※少し重いので、IEでの表示が出来ない場合があります。 ⇒Chromeでは快適に表示できます。
  8. 1 like
    best to import into HyperMesh, select the elements and organize into separate components, You could create sets in HyperView for selected elements and change the colour of the sets if necessary to do it in hyperView itself.
×
×
  • Create New...