Jump to content

Leaderboard


Popular Content

Showing most liked content on 01/21/20 in all areas

  1. 1 like
    MotionSolveの計算中はmrfファイルのみ出力し、計算が終わったのち、mspostというプロセスが実行され、アニメーション用のh3dファイルや、プロット用のabfファイルを作成します。 計算途中で、アニメーションを見たい場合は、手動でmspostを実行すれば、h3dファイルを作成して、アニメーションを確認できます。また、h3dなどの出力を忘れた場合やファイルを消してしまった場合に、mspostのみ実行すれば、計算しなおす必要はありません。 ということで、mspostの使い方を紹介します。mspostの実行にはいくつかパスを通す必要がありますので、パスを通したバッチファイルを用意しました。 添付ファイルの1行目の set INSTALL_ROOT=G:\Program Files\Altair\2019 をみなさまのHWインストールディレクトリに書き換えて保存したのち、このバッチファイルを実行してください。 開いたDOSコマンドプロンプト上にて mspost aaa.xml aaa.mrf bbb.h3d でaaa.xmlとaaa.mrfからbbb.h3d、bbb.abfを作成します。 また、linear計算のh3dを作成したい場合は、 mspost aaa.xml aaa_linz.mrf bbb.h3d としてください。 ※ファイルのダウンロードには、必ず当フォーラムへのログインが必要となります。ログインしない状態でファイルをダウンロードすると、ファイルが存在しないといった旨のメッセージが表示されますが、実際にはログインするとダウンロードが可能になります。 motionsolve.zip
×
×
  • Create New...