Jump to content

Leaderboard


Popular Content

Showing most liked content since 01/16/19 in all areas

  1. 1 like
  2. 1 like
    Multiplier function is available for Simple Boundary Conditions. Advanced option needs to be activated first. Could you please explain what issue did you exactly encounter while selecting mulitplier function?
  3. 1 like
    Tcl言語では、openコマンドでファイルハンドルを取得して、getsコマンドでハンドルを指定すると、1行ずつ読むことができます。 openコマンドの最後を「r」にすると読み込みモード、「w」にすると書き込みモードで開きます。 openコマンドで開いていると、他からの書き込みなどができないロック状態になりますので、最後に忘れずにcloseコマンドで閉じて下さい。 -簡単なサンプルを用意しました。tk_messageBoxを使ったサンプルなので、sample.csv←のような短いCSVファイルで試してみて下さい。 set ft {{"CSV Files" .csv} {"All Files" *}}; set fn [tk_getOpenFile -filetypes $ft]; set fh [open $fn r]; while {![eof $fh]} { gets $fh line; set line [split $line ,]; tk_messageBox -message "Gets = ${line}\nLength = [llength $line]"; } close $fh; -表示イメージ-
  4. 1 like
    Hi all, New year wishes to forum members Can anyone tell how static simulation can be done for 2 wheeler wheels
  5. 1 like
    Try PBUSD1D of type SPRING . You can specify different tables for spring stiffness in tension and/or compression. And specify very high stiffness for compression.
  6. 1 like
    hm_winfo viewmatrix {a02 a12 a22} is screen normal
  7. 1 like
    Hi Use hm_winfo viewmatrix 3 in 12 values are x y z of screen vector From version 13 there is another command returns 3 values but i don't remember
  8. 1 like
    Hi, element normals of 3D elements always point outward. Element normals of 2D elements can be reviewed and edited in the Mesh Editing>Part>Sheet>Orientation panel. In Hypermesh: 2D>composites>element normals Note that interface type 7 is a non-oriented contact, so a node can impact on both sides of a master segment.
  9. 1 like
    Thank you very much @Rahul R, now I'm 100% sure that my model is similar to reality!
  10. 1 like
  11. 1 like
    Hi @vishruthdilip the following might help you understand the contact timestep (from Free eBook: Introduction to Explicit Analysis using RADIOSS – A Study Guide and Radioss Help): Share the model if the issue persists.
  12. 1 like
    You can use External model to import .cdb file in WB.
  13. 1 like
  14. 1 like
    There was a misunderstanding- you probably meant no instead of now. To access the Midsurface Thickness Map, from the menu bar, click Mesh > Assign > Midsurface Thickness. The tool displays in a new tab in the tab area. Also try Mesh>assign>midmesh thickness.
  15. 1 like
    try this command "hm_pushpanel automesh" To open panels of hypermesh "hm_pushpanel" commands are used.
  16. 1 like
    Hi, You can use datanames. hm_gevalue elems id=1122 dataname=jacobian
  17. 1 like
    Hi Begoña Please check this video. I hope it can help you. https://insider.altairhyperworks.com/composites-visualization/ Thanks
  18. 1 like
    Hi, As far as I remember the element deletion will happen only for conventional shell elements. For other element types the deviatoric stress will be set to 0 once the element reaches the failure criteria. Best Regards, .
  19. 1 like
    Hi M.karthickraja Pyramid Transition ratio defines the relative height of pyramid elements used for the transition from hexa elements in the boundary layer to the tetra elements in the core Thanks
  20. 1 like
    Please attach the two input (.inp) files - the first where you get the error, and the second where it runs but you don't like the solution - along with the two complete .Log files. It's quite likely the issues are caused by the very coarse mesh in the model. You probably need finer volume and surface mesh, thinner first boundary layer element (so more layers) and better resolution in the wake regions of the buildings.
  21. 1 like
    If you first use 'cd' to go into the directory where you placed the acuGetNodeSubset python script itself, you should be able to use acuPython acuGetNodeSubset –h in that directory, rather than issuing it from the 'Documents' directory as in your snapshot.
  22. 1 like
    2点間の距離を計測した際に、もっと細かい値まで確認したい。 プルダウンメニューView⇒Command windowを表示して、「hm_getdistance nodes 節点番号1つ目 節点番号2つ目 座標系ID(全体座標はゼロ)」と入力して下さい。 例えば、節点番号1番と2番の距離を測りたい場合は、下図のようにします。
  23. 1 like
    局所座標系(ローカル座標系)を作成するには、 1.◎Analysisページの「systems」を選択します。 2.◎create by axis directionを選択します。 3.黄色の「nodes」ボタンで局所座標系の原点を配置したい節点を選択(複数可)します。 4.黄色の「origin」ボタンで局所座標系の原点を選択します。 5.黄色の「x-axis」ボタンで原点からのX方向となる節点を選択します。 6.黄色の「xy plane」ボタンで選択した節点と「origin」、「x-axis」で選択した節点を通る平面が局所座標系のXY面となり、   その面の法線方向がZ方向となります。 7.下の▼ボタンをクリックし、局所座標系のタイプ(直交・円筒・球)を選択します。 8.「create」ボタンをクリックします。 局所座標系を節点にアサインするには、 1.◎Analysisページの「systems」を選択します。 2.◎assignを選択します。 3.黄色の「nodes」ボタンで局所座標系をアサインする節点を選択します。 4.黄色の「system」ボタンでアサインする局所座標系を選択します。 5.参照座標系としてアサインしたい場合は「set reference」ボタンを、解析座標系としてアサインしたい場合は「set displacement」ボタンをクリックします。 局所座標系がアサインされた節点を確認するには、 1.◎Analysisページの「systems」を選択します。 2.◎assignを選択します。 3.青色の「review」ボタンをクリックします。 4.局所座標系を選択します。 参照座標系としてアサインされていれば「R」文字が、解析座標系としてアサインされていれば「A」文字が節点に表示されます。
  24. 1 like
    2Dページ⇒elem offsetパネル⇒thicken shells機能で、下記の設定でシェルを選択してthickenを実行すると、プロパティや節点板厚情報などを基にシェル要素に割り当てられたから板厚分のオフセットさせたソリッド要素を作成することができます。 ↑実行前イメージ↑ ↑実行後イメージ↑
  25. 1 like
    時々、2次要素の中間節点だけを抽出したいという問い合わせをいただきます。 プルダウンメニューFile⇒Run⇒Tcl/Tk Scriptから、下記のファイルを実行すると中間節点だけを含む節点セットを作成することができます。 HM_CreateSetFor2ndElemMidNodes.tcl ↓作成される節点セットイメージ↓
×