Jump to content

Imoto

Administrators
  • Content Count

    361
  • Joined

  • Last visited

  • Days Won

    19

Imoto last won the day on July 8

Imoto had the most liked content!

2 Followers

About Imoto

  • Rank
    Super User

Profile Information

  • Gender
    Male
  • Are you University user?
    No

Recent Profile Visitors

5960 profile views
  1. @マロンさん Measuresパネルから、下記の手順でHyperGraphへカーブ出力が可能です。 上記方法でHyperGraphに出力後、HyperGraphのウィンドウをアクティブにして、File->Export->Curvesから出力することができます。 座標変換の件も含め、HyperView入門トレーニングで、このような内容が含まれます。
  2. @マロンさん 座標変換を行う場合は、Resolved inで座標系を選択して下さい。
  3. @Hiroyuki Iwamoto こんにちは、インストーラーの.exeを右クリック⇒プロパティで表示されるバイト単位のサイズを確認したいので、プロパティのキャプチャーを送付いただけないでしょうか。
  4. 「トークンが失効しています、アカウント有効化トークンが無効です。」のメッセージが表示される場合、下記の理由が考えられます。 ●既にアクティベーションが完了している:Altair Oneでログインしてみて下さい。 ●アクティベーションメールの期限切れや、何らかの問題がある:下記リンク先の「アクティベーションの期限が切れた」の方法で、アクティベションメールを申請して下さい。(自動送信されます)  
  5. HyperMesh上で、Tableエンティティとして扱われるデータに対して、例えば該当の要素や節点を削除した場合でも、該当行は残ってしまいます。 Table内の不要な行(☟図で<Unspecified>となっている行)を、削除するスクリプトを投稿します。 -使用方法- プルダウンメニュー「File」⇒「Run」⇒「Tcl/Tk script」から、ダウンロードできるスクリプトを実行すれば完了です。 HM_RemoveEmptyRowForTable.tcl ※スクリプトのダウンロードには、当フォーラムサイトでの「Sign in」が必要です。   ☝実行前☝                         ☝実行後☝
  6. HyperView2020では、下記2つの結果読み込み手法から選べるようになっています。 ・結果表示の度にファイルにアクセス(従来手法) ・最初に必要なデータをキャッシュ内に読み込む(新手法) 新しく追加された事前読み込み手法では、キャッシュに必要なデータが読み込まれているため、一瞬でコンターやアニメーションの描画が可能です。 ただ、いくつか非対応の機能があるため、従来手法がデフォルトとなっております。 ※現時点では、陽解法ソルバー(RADIOSS、LS-DYNA、PamCrash、AbaqusExplicitデータにのみ対応しております) 事前データ読み込み(新手法)の利用方法 ①File⇒Load⇒Preference Fileを選択します。 ②Vehile Safety Tool + Upfront Data Loaderを選択します。 ③「Load」ボタンをクリックします。 ④モデルと結果ファイルを指定します。 ⑤「モデルの読み込み」ボタンをクリックします。 ⑥「すべて読み込み」ボタンをクリックします。 ⑦「Results」タブに切り替えます。 ⑧「Results」タブ内で右クリック⇒「定義の作成」を選択します。 ⑨必要な結果データにチェックを入れます。 ⑩「定義の作成」ボタンをクリックします。 ⑪作成されたDefinitionsを選択して、右クリック⇒キャッシュを選択します。 以上の操作でキャッシュ内にデータが読み込まれます。アニメーション表示や、コンターの描画などをご利用下さい。
  7. 以下からダウンロードできるような、Tclスクリプトを作成すると、一気に出力することができます。 ※プルダウンメニューFile ⇒ Run ⇒ Tcl/Tk scriptから実行可能です。 HV_CaptureAllSimulationByAnimGif.tcl ※ファイルのダウンロードには、当フォーラムサイトでの「Sign in」が必要です。
  8. リジッド要素から、フリー節点のみ除去したい場合は、File⇒Run⇒Tcl/Tk Scriptから、下記ボタンからダウンロードできるスクリプトを実行して下さい。 RemoveFreeNodesFromRigidlink2.tcl ※ダウンロードには、フォーラムへの「Sign In」が必要です。
  9. Altair Oneのアクティベーションや、パスワード設定などが上手くいかない場合は、下記のことをご確認下さい。 ①下記の何れかに該当する場合  ・パスワードを忘れた:I forgot my password  ・アクティベーションメールが届いてない:I did not revive activation mail  ・アクティベーションの期限が切れた:My activation mail expired  ・アカウントがロックされた:My account is locked  ・2段階認証をリセットしたい:I want to reset multi-factor authentication  ・よくわからないが、ログインできない:I don't know but can't login  下記のサイトから、現象を選択していただき、Continueボタンのクリックをお願い致します。  https://altairone.com/login/help    ※現象にもよりますが、殆どの場合自動的にメールが送信されてきます。 ②お使いのブラウザの種類をご確認下さい  お使いのブラウザの種類と、バージョンをご確認下さい。   その他、下記リンク先も併せてご参照下さい。 https://forum.altair.com/forum/268-altair-one/
  10. Hosted License(クラウド上にある弊社管理のライセンスサーバーからライセンスを取得して、企業様単位でライセンスサーバーを立てていただく必要のない仕組み)でご契約のお客様が、Altair OneからHosted Licenseを設定していただく場合、下記の手順で設定を行って下さい。 ※Hosted License(HHWU)は、ご契約のみ更新していただければ、ライセンスの更新作業が不要です。 ※国内のインターネットが繋がる環境であれば、どこからでもご利用いただけますので、在宅勤務にオススメです。 ①「Profile」を選択します。 ②「View My Authorized Machines」を選択します。 ③「Generate Auth Code」を選択します。 ④Your Auth Codeをコピーします。 ⑤「Altair License Utility(almutil)」の「Hosted HWU」タブから、「Authorization Token」に張り付けて、「Authorize」を選択します。 ※Inspireなどは、「Altair License Utility」ではなく、起動時のライセンス設定画面で同様の貼り付けを行って下さい。 下図のメッセージが表示されれば完了です。 -補足- Hostedのみをご利用いただく場合、「ALTAIR_LICENSE_PATH」などの環境変数は不要です。 Hostedとオンプレミスの両方が利用できる環境で、オンプレミスのみ、Hostedのみなど片方のみを参照させたい場合は、『ALM_HHWU』の環境変数を追加して下さい。 -環境変数の設定が無い場合:オンプレミス(ローカル)、Hostedの順でライセンス参照を行います。 -Hostedのみを参照させたい場合:『ALM_HHWU=T』の環境変数を設定して下さい。 -オンプレミス(ローカル)のみを参照させたい場合:『ALM_HHWU=F』の環境変数を設定して下さい。 手順⑤の「almutil」は、以下の図の方法で起動することができます。 ※どの方法でも「almutil」が起動します。
  11. Altair Oneでのアカウント作成/登録について、ご注意いただきたい点を解説します。 ◆ 弊社ライセンスをお持ちの方 ライセンス管理責任者様にアカウント追加を依頼してください。 (Registerボタンからの登録は行わないでください。) 既にライセンスをお持ちの方が、Registerボタンから登録されると、正しいアカウント情報と紐付かなくなり、ダウンロードなどが出来ません。 ◆ 弊社ライセンスをお持ちでない方 Registerボタンからアカウントを作成してください。 ご不明な点は、担当営業までご連絡下さい。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 各アカウントの「Owner」もしくは「Admin」の方は、下記手順で新規ユーザー様の追加や、削除、権限(Role)の変更が可能です。 ①「Users」を選択します。 ②「Add User」を選択します。 ③必要な項目を入力します。 ④「Submit」をクリックしていただければ追加完了です。※追加された方にアクティベションメールが自動送信されます。 複数のユーザー様を一括登録されたい場合は、下記の情報が記述されたCSVファイルをご用意いただき、「Import From CSV」をご利用下さい ☟CSVファイル例☟ ※『名前,苗字,メールアドレス,役職(タイトル),電話番号』※役職と電話番号は、空欄でも構いません。 ユーザーの削除については、ユーザー名にカーソルを置くと、右側にが表示されますので、をクリックして削除して下さい。 アドミニストレーター権限を、特定の方に付与する場合は、ユーザー名をクリック後、Roleを「Admin」に変更してからSaveをクリックして下さい。
  12. このたび、Altair ConnectおよびsolidThinking Portalが統合され、Altair Oneとしてリリースされました。Altair Oneは、サポート、製品ダウンロード、ドキュメントダウンロード、ドキュメント検索などが可能なポータルサイトです。 お手数ですが、旧ポータルサイトをご利用のお客様は、①のパスワード設定をお願いいたします。 このページでは、ご利用にあたって注意いただきたい点や、日本語ドキュメントのダウンロード方法などをご説明します。 ①パスワード設定  「https://altairone.com/login/help」にアクセスしていただき、「I did not receive activation mail」を選択して、アクティベーションメールを申請して下さい。「Activate Your Altair One Account」というタイトルのメールが送付されますので、「Activate Altair Account」ボタンからアクセスしていただき、パスワードの設定をお願い致します。  ※パスワード要件は、こちらをご参照下さい。  ※アクティベーションメールが見当たらない場合や、ログイン関連のトラブルは、こちらをご参照下さい。 ②対応ブラウザ  Google Chromeもしくは、Microsoft Edgeなどをご利用下さい。また、下表のバージョンもご確認下さい。    ※Microsoft社のサポートも終了し始めているInternet Explorerには対応しておりません。 ③正しく表示されない場合  例えば、下図のようにしばらく待っても、正しく表示されない場合などは、F5キーを押してページを更新して下さい。    それでも正しく表示されない場合は、ブラウザのCookieの削除をお試し下さい。  また、ブラウザの種類、バージョンが、②の対応ブラウザ表を満たしているかご確認下さい。 ④製品のダウンロード  Marketplaceもしくは、Altair Connectから製品のダウンロードが可能です。 ⑤日本語ドキュメントのダウンロード  Marketplaceから、下図の手順で日本語ドキュメントのダウンロードが可能です。 ※③の「Download」ボタンは、アカウントの所属設定、ご契約状況などにより表示されない場合があります。旧sTUライセンスをご利用のお客様は、AppsとしてInspireを選択して下さい。
  13. このたび、Altair ConnectおよびsolidThinking Portalが統合され、Altair Oneとしてリリースされました。Altair Oneは、サポート、製品ダウンロード、ドキュメントダウンロード、ドキュメント検索などが可能なポータルサイトです。お手数ですが、旧ポータルサイトをご利用のお客様は、パスワードの再設定をお願いいたします。 パスワード要件 ・12文字以上 ・英字小文字を含むこと ・英字大文字を含むこと ・数字を含むこと ・記号を含むこと ※ユーザー名の一部をパスワードに使用することはできません。 ※名前や苗字を含むことはできません。 その他、パスワードを忘れた場合の質問と、お好きな画像を1つ選択しておいて下さい。 Altair Oneのご利用についても併せてご参照下さい。
  14. ・新たにAltair Licensingのライセンスサーバー設定を行った ・ライセンスサーバー(サーバーPC)の変更をに行った ・ライセンスファイルの更新を行った ・ライセンスマネージャ(Altair Licensing)のバージョンアップを行った 上記どれかに該当する作業を行った結果、ライセンスエラーなどが発生した場合は、お問い合わせの際に送付いただきたいファイルが5点あります。 ①エラー画面のキャプチャ ②HostIDの一覧画面キャプチャ ※Altair License Utilityは、HyperWorksをインストールすると自動的に付いてきます。 ③弊社もしくは代理店から送付しているライセンスファイル ④ライセンスログファイル デフォルト設定では、『C:\Program Files\Altair\licensingバージョン番号\logs』の中にログファイルが作成されますので、このログを添付して下さい。 ⑤「ALTAIR_LICENSE_PATH」が設定されている環境変数の画面キャプチャ 上記のファイルを添付して、お問い合わせいただけるとスムーズです。
  15. HyperWorks、HyperMesh何れも、モーフィング機能を活用して、ヘキサ要素にフィレットを追加することができます。 HM_Hexa_AddFillet.mp4
×
×
  • Create New...