Jump to content

Imoto

Moderators
  • Content Count

    272
  • Joined

  • Last visited

  • Days Won

    11

Reputation Activity

  1. KOBAYASHI liked a post in a topic by Imoto in Likeボタンについて   
    あまり気付きにくいかも知れませんが、各投稿の右下には、(Likeボタン)があります。
     
    質問内容や回答内容が「いいね」と感じたり、「役に立った」という場合には、ぜひ(Likeボタン)を押して下さい。
    Likeボタンのクリックにより、投稿者の「評判(Reputation)」がアップします。
  2. amethyst liked a post in a topic by Imoto in 局所座標系での表面メッシュの円範囲選択   
    こんにちは、@amethyst
     
    hm_getvalueで取得できる節点のData nameでは、x, y, zが参照座標系からの座標値、globalx, globaly, globalzが全体座標系からの座標値となっていますので、必要に応じて使い分けていただくのが良いかと思われます。
     
    今回、ボルトのモデル化に、1Dページ⇒connectorsパネル⇒bolt機能は利用されていますか?
    コネクターが使われているのであれば、部品のリプレース機能で部品入れ替え後に、コネクターのリアライズ(再接続)を実行するだけで完結できると思われます。
  3. amethyst liked a post in a topic by Imoto in 既知の3つの節点を通る円の半径と中心座標の求め方   
    こんにちは、@amethyst
     
    hm_getbestcirclecenterでご希望の内容を取得することができます。
     
    ---例---
    *createmarkpanel nodes 1 "Select 3 nodes";
    hm_getbestcirclecenter nodes 1;
  4. takahashi@toaweb.co.jp liked a post in a topic by Imoto in Likeボタンについて   
    あまり気付きにくいかも知れませんが、各投稿の右下には、(Likeボタン)があります。
     
    質問内容や回答内容が「いいね」と感じたり、「役に立った」という場合には、ぜひ(Likeボタン)を押して下さい。
    Likeボタンのクリックにより、投稿者の「評判(Reputation)」がアップします。
  5. Pandurang liked a post in a topic by Imoto in body centred cubic creation   
    Hello @LFM1995
     
    If you still have the hexa elements, please try this.
     
    hm_entityrecorder elems on;
    *createmark elems 1 "by config" 208;
    foreach elemid [hm_getmark elems 1] {
     lassign [hm_entityinfo centroid elems $elemid] X Y Z;
     *createnode $X $Y $Z;
     set center [hm_latestentityid nodes];
     foreach nodeid [hm_getvalue elems id=$elemid dataname=nodes] {
      *createlist nodes 1 $center $nodeid;
      *createelement 2 1 1 1;
     }
    }
    hm_entityrecorder elems off;
    set newplot [hm_entityrecorder elems ids];
    if {[llength $newplot] != "0"} {
     hm_createmark elems 1 $newplot;
     *configedit 1 "bar2";
    }
    hm_markclearall 1;
     
    Download --->>> CreateBeamForCentroidHexElements.tcl
  6. LFM1995 liked a post in a topic by Imoto in body centred cubic creation   
    Hi @LFM1995
     
    You have one more option.
    If you are using OptiStruct, you can change the Lattice type from DTPL card.
     

     

  7. LFM1995 liked a post in a topic by Imoto in body centred cubic creation   
    Hello @LFM1995
     
    If you still have the hexa elements, please try this.
     
    hm_entityrecorder elems on;
    *createmark elems 1 "by config" 208;
    foreach elemid [hm_getmark elems 1] {
     lassign [hm_entityinfo centroid elems $elemid] X Y Z;
     *createnode $X $Y $Z;
     set center [hm_latestentityid nodes];
     foreach nodeid [hm_getvalue elems id=$elemid dataname=nodes] {
      *createlist nodes 1 $center $nodeid;
      *createelement 2 1 1 1;
     }
    }
    hm_entityrecorder elems off;
    set newplot [hm_entityrecorder elems ids];
    if {[llength $newplot] != "0"} {
     hm_createmark elems 1 $newplot;
     *configedit 1 "bar2";
    }
    hm_markclearall 1;
     
    Download --->>> CreateBeamForCentroidHexElements.tcl
  8. Merula liked a post in a topic by Imoto in meshing in batch mode   
    Hello @Enrico
     
    In most cases you have to load the template file, instead of select UserProfile.
    Please try to add the this line for beginning of your script.

    *templatefileset [file join [hm_info -appinfo ALTAIR_HOME] templates feoutput optistruct optistruct]
    Note: If you are not using OptiStruct profile, please change to your user-profile.
     
    Thanks,
    Imoto
  9. Pandurang liked a post in a topic by Imoto in How to get already created node or element set   
    Hi @Vikas Kumar
     
    Now I guess understood your point, it should be specify the poolname when get the Set handle.
    Like this -> modl$t GetSelectionSetHandle sels${t}_00${sid} "Set $sid";
     
    --- Correct example ---
    hwi OpenStack;
    set t [::post::GetT];
    hwi GetSessionHandle sess$t;
    sess$t GetProjectHandle proj$t;
    proj$t GetPageHandle page$t [proj$t GetActivePage];
    page$t GetWindowHandle wind$t [page$t GetActiveWindow];
    wind$t GetClientHandle clie$t;
    clie$t GetModelHandle modl$t [clie$t GetActiveModel];
    foreach sid [modl$t GetSelectionSetList "Set"] {
     modl$t GetSelectionSetHandle sels${t}_00${sid} "Set $sid";
     set name [sels${t}_00${sid} GetLabel];
     set list [sels${t}_00${sid} GetList];
     puts "Name = $name , IDs = $list";
    }
    hwi CloseStack;
     
    Thanks,
    Imoto
  10. Alex Nguyen liked a post in a topic by Imoto in 物性値のリスト化や、設定した値などをコンター表示したい   
    物性値のリスト化を行ったり、何らかの設定値をコンター表示したい場合は、プルダウンメニューTools⇒MatrixBrowserをご利用下さい。
     
    下記ビデオでは、LS-DYNA形式で設定された初期ひずみ値に基づくコンター表示を行っております。
    MatrixBrowser_Contour.mp4
  11. Alex Nguyen liked a post in a topic by Imoto in 接触や荷重などを残したまま、部品を入替えたい   
    テトラ要素のサイズを変更したいという場合も、同じようにreplace機能を活用することで、元の荷重などを残したまま入れ替えることが可能です。
     
    下のビデオでは、下記の手順で作業を行っております。
    1.テトラ要素の表面にシェル作成
    2.シェル要素の節点を独立させる
    3.シェルのリメッシュ
    4.テトラ要素作成
    5.replace機能で入替え作業
    Replace_ChangeTetraMeshSize.mp4
    ※トレランス値は、必要に応じて調節して下さい。
  12. Alex Nguyen liked a post in a topic by Imoto in 接触や荷重などを残したまま、部品を入替えたい   
    設計変更などで部品が新しくなった場合に、再度接触や荷重などを定義するのは大変です。。。
     
    HyperMeshの、Modelブラウザで古い部品を選び、右クリック⇒replace機能を使うと簡単に部品を入れ替えることができます。
    replace機能で指定するのは、新しい部品(ファイルもしくは既に読み込んだコンポーネントから指定)と、トレランス(荷重などの適用範囲)を入力して、Previewボタン⇒Acceptボタンで完了です。
     
    Part-Replaceウィンドウで、入替えの成功/失敗などの状況を把握することができます。

     
    なお、replace機能では、接触、コネクター、セット、出力要求など様々な情報を一気に更新することができます。
    また、モデルブラウザで複数のコンポーネントを選んで、右クリック⇒replaceを選ぶと複数部品を一気に入れ替えることが可能です。

     
    ↓↓↓詳細なビデオはこちら(v13の頃に作られたビデオなので、変わっている箇所もあります)↓↓↓
    http://fast.wistia.net/embed/iframe/w8bcwondb4?popover=true
    ※IEでは表示できませんので、IE以外のブラウザをご利用下さい。
  13. sentan liked a post in a topic by Imoto in シェル要素から、板厚分オフセットした状態のソリッド要素を作成したい   
    こんにちは、@sentan
     
    右下のCFD cornersをsquared cornersに切り替えてみて下さい。
  14. brahmadev liked a post in a topic by Imoto in area,inertia and torsion values of cbar element   
    Hello @brahmadev
     
    Sorry I found my misstake, you are asking about CBAR, but I was consider about CBEAM.
    For the CBAR, the attribute name is little bit changed.

    Following commands should be works fine for CBAR on OptiStruct and Nastran profiles.
    AREA :                 hm_getvalue elems id=1 dataname=property.BeamSec.results_area;
     Inertia 1a :         hm_getvalue elems id=1 dataname=property.BeamSec.results_Icentroid1;
     Inertia 2a :         hm_getvalue elems id=1 dataname=property.BeamSec.results_Icentroid0;
     Inertia 12a :       hm_getvalue elems id=1 dataname=property.BeamSec.results_Icentroid2;
     Torsion :            hm_getvalue elems id=1 dataname=property.BeamSec.results_J;
     
    Thanks,
    Imoto
  15. Imoto liked a post in a topic by Tajima in Windows環境で日本語ヘルプファイル2018の数式が正しく表示されない場合の対処方法   
    HyperWorksヘルプではバージョン2018より数式表示にMathJaxを使用しています。インターネットからダウンロードしたファイルの実行が制限されているWindows環境では日本語ヘルプ資料をInternet Explorerで表示する場合、数式を表示するために必要なファイルへアクセスできないため正しく表示されないことがあります。その場合は以下のいずれかをお試しください。
     
    対処方法:
    1.Internet Explorer以外のブラウザを使用する。
    2.Windows付属の解凍ツール以外で解凍する。
    3.ZIPファイルのプロパティウィンドウで全般タブに表示されている『ブロックの解除』を
    実行した後でWindows付属の解凍ツールを用いて解凍する。
  16. Bachelor22 liked a post in a topic by Imoto in Getting Maximal Stress Value   
    You can get the top 1 using Selection Set.
    Here is example.
     
    set type "node"; #element or node#
    set t [clock click];
    hwi OpenStack;
    hwi GetSessionHandle sess$t;
    sess$t GetProjectHandle proj$t;
    proj$t GetPageHandle page$t [proj$t GetActivePage];
    page$t GetWindowHandle wind$t [page$t GetActiveWindow];
    wind$t GetClientHandle clit$t;
    clit$t GetModelHandle modl$t [clit$t GetActiveModel];
    modl$t GetSelectionSetHandle set1$t [modl$t AddSelectionSet $type];
    set1$t Add "contour top 1";
    set1$t SetLabel "$type set top 1";
    clit$t Draw;
    tk_messageBox -message "Top1 $type ID = [set1$t GetList]";
    hwi CloseStack;
  17. vipin liked a post in a topic by Imoto in search a componet using loop   
    @sanket_patil
     
    Tinh is already gave you the good example:-)
     
    -Here is my example-
    # Auto property creation #
    *evaltclscript "AutoPropertyCreate.tcl" 0;
    *evaltclstring "::autoproperty::Main" 0;
     
    # Thickness update from CSV #
    set ft {{"CSV Files" .csv} {"All Files" *}};
    set fn [tk_getOpenFile -filetypes $ft];
    set fh [open $fn r];
    while {![eof $fh]} {
     gets $fh line;
     lassign [split $line ,] cid T;
     if {[hm_entityinfo exist comps $cid -byid] == "1"} {
      set pid [hm_getvalue comps id=$cid dataname=propertyid];
      *setvalue props id=$pid PSHELL_T=$T;
     }
    }
    close $fh;
     
    If you are not using PSHELL card, you have to change the attribute name.
  18. TA784 liked a post in a topic by Imoto in Warning ID 1026   
    「IN RIGID BODY DEFINTIONS」=剛体の定義に問題があるということなので、必ずこの理由ということではない可能性もありますが、恐らく1つの節点が、2つの/RBODY=剛体から参照されているかと思われます。
    /RBODYで設定している節点を見直して、2つの/RBODYから参照されている場合は、その節点を外して下さい。
  19. M. Inoue liked a post in a topic by Imoto in Tcl/Tk: CSVファイルの中身を読みたい   
    Tcl言語では、openコマンドでファイルハンドルを取得して、getsコマンドでハンドルを指定すると、1行ずつ読むことができます。
     
    openコマンドの最後を「r」にすると読み込みモード、「w」にすると書き込みモードで開きます。
    openコマンドで開いていると、他からの書き込みなどができないロック状態になりますので、最後に忘れずにcloseコマンドで閉じて下さい。

    -簡単なサンプルを用意しました。tk_messageBoxを使ったサンプルなので、sample.csv←のような短いCSVファイルで試してみて下さい。
    set ft {{"CSV Files" .csv} {"All Files" *}};
    set fn [tk_getOpenFile -filetypes $ft];
    set fh [open $fn r];
    while {![eof $fh]} {
     gets $fh line;
     set line [split $line ,];
     tk_messageBox -message "Gets = ${line}\nLength = [llength $line]";
    }
    close $fh;
     
     
    -表示イメージ-

  20. M. Inoue liked a post in a topic by Imoto in 節点結果の平均や最大値を、要素結果として扱いたい   
    HyperViewのContourパネル等にある「Averaging Method」機能は、要素結果の平均や最大値を節点結果として平均化する際にご利用いただけます。
    変位など、節点で結果を持っている結果タイプを選択した場合は、「Averaging Method」はグレーアウトします。

     

    もし、節点結果⇒要素結果に平均化をしたい場合は、HyperViewの「Derived Result」という演算機能をご利用いただくことで可能です。
    ※今回の演算関数を利用するには、結果の読み込み時の設定変更が必要です。
    ①プルダウンメニューFile⇒Open⇒Modelを選択します。
    ②Result-Math templateが"Advanced"になっていれば、④に進んで下さい。

    ③"Standard"になっている場合は、"Advanced"に切り替えて"Apply"ボタンを押して読み込み直す必要があります。
    ④プルダウンメニューResults⇒Create⇒Derived Result機能を選択します。
    ⑤LibraryをModelに切り替えて、"BCNodeToElem"関数をダブルクリックします。
    ⑥Tableの結果タイプから、目的の節点結果を選択します。
    ⑦"Insert"ボタンをクリックします。
    ⑧"OK"ボタンをクリックします。
    ⑨Contourパネルなどを選択すると、Derived Resultで式を定義する際(Expression Builder)の一番上に表示されているLabelの名前の結果が追加されていますので、その結果を選んでコンター等を描画して下さい。

    ※今回の演算では、節点の平均値が要素結果となっていますので、4角形シェルの場合、4節点の平均を要素結果として採用します。
     
    もし、要素の構成節点の最大や最小値を要素結果としたい場合は、「Aggregation mode」を変更することで可能です。
    「Aggregation mode」には、平均(average),合計(sum),最小(min),最大(max),絶対値の最大(extreme)が用意されており、何も記入しない場合のデフォルトは平均となっています。
     
    具体的には、上記例では、「BCNodeToElem( R1.V3 )」という演算式を用いていますが、最大値にする場合は、「BCNodeToElem( R1.V3 ,max)」に記述を変更して下さい。既にお分かりの通り、「,max」の代わりに「,min」=(要素を構成する節点の最小値を要素結果とする)や「,sum」=(要素を構成する節点の合計値を要素結果とする)にすると演算内容が変わります。
  21. Alex Nguyen liked a post in a topic by Imoto in ビュー方向を、局所座標系のXY平面などで表示したい   
    HyperMesh標準機能の、"XY Top Plane View"などは全て全体座標系に沿った方向で表示されます。
     
    局所座標系のXY平面からのビューにしたいという場合は、Altair Connectのスクリプトエクスチェンジに登録されているスクリプトをご利用下さい。
    ダウンロードサイト(Altair Connect)⇒https://connect.altair.com/CP/kb-view.html?kb=41233
     
    上記URLからダウンロード可能な「View By System Script」を、HyperMeshのプルダウンメニューFile⇒Run⇒Tcl/Tk Scriptから実行すると、以下のようなタブが追加されます。

     
    「Orientation System」ボタンで、局所座標系を選んでから、「left」や「right」などのボタンを押すと、その方向から表示されます。
  22. Alex Nguyen liked a post in a topic by Imoto in 2点間の距離を計測した際に、もっと詳細な値まで確認したい   
    2点間の距離を計測した際に、もっと細かい値まで確認したい。
     
    プルダウンメニューView⇒Command windowを表示して、「hm_getdistance nodes 節点番号1つ目 節点番号2つ目 座標系ID(全体座標はゼロ)」と入力して下さい。
    例えば、節点番号1番と2番の距離を測りたい場合は、下図のようにします。

  23. Alex Nguyen liked a post in a topic by Imoto in シェル要素から、板厚分オフセットした状態のソリッド要素を作成したい   
    2Dページ⇒elem offsetパネル⇒thicken shells機能で、下記の設定でシェルを選択してthickenを実行すると、プロパティや節点板厚情報などを基にシェル要素に割り当てられたから板厚分のオフセットさせたソリッド要素を作成することができます。

     
     

    ↑実行前イメージ↑
     
     

    ↑実行後イメージ↑
  24. Alex Nguyen liked a post in a topic by Imoto in 2次要素の中間節点だけを抽出したい   
    時々、2次要素の中間節点だけを抽出したいという問い合わせをいただきます。
    プルダウンメニューFile⇒Run⇒Tcl/Tk Scriptから、下記のファイルを実行すると中間節点だけを含む節点セットを作成することができます。
    HM_CreateSetFor2ndElemMidNodes.tcl
     
     
    ↓作成される節点セットイメージ↓

×
×
  • Create New...