Jump to content

Altair_Ichikawa

Members
  • Content Count

    27
  • Joined

  • Last visited

  • Days Won

    1

Reputation Activity

  1. Kohta Ito liked a post in a topic by Altair_Ichikawa in 重力の設定について   
    Radiossは動解析です。従って重力に限らず、力が作用した場合にはf=Maで加速度が発生します。従って当然のことながら密度が異なれば結果も変わります。
  2. Imoto liked a post in a topic by Altair_Ichikawa in 接触インターフェースについて (4)汎用接触インターフェースType24   
    板物の接触であれば、板厚相当のギャップを与える事で、Type7インターフェースでほぼ全ての問題をカバーできますが、ソリッド同士の接触の場合、Type7インターフェースではギャップ相当の初期隙間を常に与える必要があり、密着しているソリッドのモデル化には不便です。そこで、ギャップ0が可能なソリッド用の接触インターフェースとして開発されたのがType24です。このインターフェースではソリッドに対しては0ギャップがデフォルトで、シェルに対しては板厚相当のギャップが考慮されます。ペナルティ法に基いた接触インターフェースですが、ペナルティ剛性は一定で、接触によるΔTの低下はおきません。
    接触の定義にはサーフェス1、サーフェス2、節点グループを用いることができ、
    サーフェス1+サーフェス2:サーフェス対サーフェス接触
    サーフェス2+節点グループ:サーフェス対節点接触
    サーフェス1のみ:シングルサーフェス接触
    を定義できます。オプションInacti=-1とすることで圧入の問題に対応することも可能です。
    Radioss 2017.2からは、新しいオプションIedgeが追加され、Iedge=1とすることで、エッジ接触にも対応できるようになりました。このオプションを用いると、ソリッドではEdge Angle(デフォルト135度)以下の要素の辺がエッジとして認識され、Type11同様、エッジ同士の接触が取り扱われます。なお、このオプションはHyperMesh2017.2の段階ではまだ対応できていないため、現状、設定には入力データのテキスト編集が必要です。



×
×
  • Create New...