Jump to content

kudo toshifumi

Members
  • Content Count

    6
  • Joined

  • Last visited

About kudo toshifumi

  • Rank
    Newbie

Profile Information

  • Are you University user?
    No
  1. AcuSolveでは、SI単位系を利用しておりますので、実行する際には単位にご注意ください。 モデル作成、メッシュ作成は、メートル単位で作成していただくことをお勧めいたします。 最終的にメートル単位になっていれば問題ありません。 HyperWorksCFDをご利用の際は、SI単位系にしたがってご入力ください。 流体-構造連成を実施する際には、構造側のソルバーもSI単位で作成していただくようお願いいたします。 ※ファイルのダウンロードには、当フォーラムでのサインインが必要です。 AcuSolveで用いられる単位.pdf
  2. AcuSolveのインストーラーは、HyperWorks CFD Solvers になります。 AcuSolve、AcuConsole、AcuFiledView、AcuProbeなどが含まれております。 HyperWorks CFD のインストーラーは、プリプロセッサーのため、Desktopに含まれております。 HperWorksCFDをご利用の際は、Desktopをインストールしてください。 それぞれ、Altair One からダウンロードお願いいたします。 ※ファイルのダウンロードには、当フォーラムでのサインインが必要です。 HWCFDインストーラー.pdf AcuSolveインストーラー.pdf
  3. HyperWorks CFDは、AcuSolve専用のCFDプリプロセッサーです。 CADのインポート、ジオメトリの作成・編集、メッシュ生成・修正、ラッピング、 AcuSolveの各種設定、解析のモニタリング等が可能です。 V2020現在は一部機能ですが、旧AcuConsoleの機能は、今後HW-CFDに徐々に移行していく予定です。 今後の新機能はHW-CFDに搭載され、AcuConsoleへの新機能への対応予定はありません。 ※ファイルのダウンロードには、当フォーラムでのサインインが必要です。 HWCFD2020.pdf
  4. AcuSovle2020の日本語チュートリアルは、Altair One からダウンロード可能です。 内容は41事例で、乱流、熱流体(輻射含む)、移動境界、2相流れ、FSIなど多岐に渡ります。 従来のAcuConsoleの設定方法の他に、HyperMesh(claasic)を用いたAcuSolveの実行方法も多数あり、HyperMeshユーザーにもとても役立つ内容です。 新たなHW-CFDの事例も10例記載があります。 ※ファイルのダウンロードには、当フォーラムでのサインインが必要です。 AcuSolve日本語チュートリアル.pdf
  5. 初期設定ではAcuFieldViewが要求しているポートが無効になって(ブロックされて)いる可能性があります。 他のポート番号への変更することで、解決することがあります。  環境変数:FV_DEFAULT_PORT  (変数値:6201) この環境変数を追加することで、ポート番号を初期値”12345”から任意の番号に変更可能です。 環境変数の追加は、インストールガイドのP20(3.4.2 AcuFieldViewの設定)をご覧ください。
  6. ファンやポンプ等の解析で、回転速度を0[m/s]とした相対速度の表示を行う場合の手順を示します。 AcuFV_回転相対速度.pdf ※ファイルのダウンロードには、当フォーラムでのサインインが必要です。
×
×
  • Create New...