Jump to content

Shimada

Members
  • Content Count

    34
  • Joined

  • Last visited

About Shimada

  • Rank
    Advanced Member

Profile Information

  • Country
    Japan
  • Are you University user?
    No

Recent Profile Visitors

The recent visitors block is disabled and is not being shown to other users.

  1. ボディの結合方法は、以下の2つの方法がございます。 方法1.[形状]>[ボディ]>[ボディの結合] 方法2.モデルブラウザのAssemblyツリーからボディを選択後、右クリックし[結合]をクリックします。 SimLab2018_Merge_Bodies.mp4
  2. SimLabのsimlab.getGeomEntitiesFromBody関数を用いることにより、ボディ内のエンティティ(フェイス/エッジ/頂点)のIDを取得することができます。 getGeomEntitiesFromBody.mp4
  3. メニューバーの右端の[ + ]をクリックしますと、[カスタム]という新規メニューが追加されます。この[カスタム]メニューに既存のアイコン(頻繁に使用される機能など)をドラッグ&ドロップすることにより、独自のメニューを作成することができます。
  4. SimLabの[ビュー]>[Python ウィンドウ]を選択しますと、『Pythonウィンドウ』が立ち上がりますので、コマンドラインから以下を打ち込むとサンプルGUIが起動されます。 >from hwx.gui import Demo >Demo.show()       ↓
  5. SimLabからOptiStructを実行するには、OptiStructのインストールパスを設定しておく必要があります。 パスの設定手順は以下の通りです。 1.SimLabのインストールフォルダ(例 C:\Program Files\Altair\2018\SimLab2018\bin\win64)内のconfigure.exeを”管理者として実行”します。 2.ウィザードに従い進み、以下のようにOptiStructのチェックボックスをオンにし、OptiStructのパス(例 C:\Program Files\Altair\2018\hwsolvers\scripts)を設定します。 以上です。 もしくは、SimLabのインストールフォルダ(例 C:\Program Files\Altair\2018\SimLab2018\bin\win64)内のSTS_solver_setup.batファイルをテキストエディタで開き、以下のようにパスを設定します。 REM ************************** REM OptiStruct Solver Path REM ************************** if not defined STS_OPTISTRUCT_SOL_DIR set STS_OPTISTRUCT_SOL_DIR=C:\Program Files\Altair\2018\hwsolvers\scripts if defined STS_OPTISTRUCT_SOL_DIR set PATH=%STS_OPTISTRUCT_SOL_DIR%;%CAE_HOME%\solverExecution;%PATH%
  6. ボディ円筒軸を平行に整列するには、[形状]>[変更]の[軸の整列]機能を使用します。 SimLab2018_Transform_Translate.mp4
  7. 面取りを作成するには、[フィーチャー]>[作成]>[フィレット]を使用します。 SimLab2018_Create_Chamfer.mp4
  8. ボルトホールを移動するには、[フィーチャー]>[変換]の[移動]オプションを使用します。 SimLab2018_Move_Bolt_Hole.mp4
  9. 微小要素を削除するには、[メッシュ]>[要素クリーンアップ]>[エッジの削除]機能を使用します。 SimLab2018_Collapse_Elements.mp4
  10. 部品の表面に施されるエンボスを作成するには、[フィーチャー]>[修正]>[球のインプリント]を使用します。 SimLab2018_Sphere_Imprint.mp4
  11. [アドバンスト]>[パワートレイン]>[ベアリング]を使用しますと、寸法を入力するだけで簡単にベアリングを作成することができます。 SimLab2018_Create_BallBearing.mp4
  12. 複数のフェイスを選択する際、ピッキングオプションの[交差]を使用しますと、効率的にフェイスを選択することができます。 SimLab_Picking_Face_Offset.mp4
  13. リブを移動するには、[フィーチャー]>[変更]の[移動]オプションを使用します。 SimLab2018_Rib_Translate.mp4
  14. 中立メッシュの作成は、[メッシュ]>[2Dメッシュ]>[Mid Mesh]を使用します。 SimLab2018_Mid_Mesh.mp4
  15. フェイスを法線方向にオフセットするには、[FEM]>[移動](節点)の[オフセット]内の◎[法線]オプションを使用します。 SimLab2018_FEM_Move_Face_Offset.mp4
×
×
  • Create New...