Jump to content

Kosuke IKEDA

Members
  • Content Count

    211
  • Joined

  • Last visited

  • Days Won

    2

Kosuke IKEDA last won the day on January 21

Kosuke IKEDA had the most liked content!

1 Follower

About Kosuke IKEDA

  • Rank
    Super User

Profile Information

  • Gender
    Male
  • Interests
    Multi Body Dynamics
    Control
    Optimization
  • Are you University user?
    No

Recent Profile Visitors

The recent visitors block is disabled and is not being shown to other users.

  1. 画面したアイコンのGraphic Entity Attributesにて、グラフィックの表示/非表示、半透明など設定可能です。
  2. 2020/7/28に2輪車開発のための車両運動シミュレーション活用ウェビナーを実施しました。 ウェビナー資料のダウンロードおよび録画を視聴できます。ご利用ください。 https://www.altairjp.co.jp/resource/ms-motorcycle-webinar
  3. MotionSolve-EDEMの連成シミュレーションのチュートリアルは現在1題提供されています(HW2020)。 https://connect.altair.com/CP/SA/hwhelp/2020/hwdesktop/mv/topics/tutorials/mv/tut_mv_7021_ms_edem_cosimulation_t.htm#task_vfc_nfm_kjb EDEMの粒子によりMotionSolveの歯車が回転するシンプルな例題です。入門に最適です。
  4. 2020/7/21に機構解析ユーザーのためのDEM(離散要素法)活用ウェビナーを実施しました。 ウェビナー資料のダウンロードおよび録画を視聴できます。ご利用ください。 https://www.altairjp.co.jp/resource/edem-ms-webinar
  5. MotionSolve2020で凹凸路面の作成が簡単になりました。ご利用ください。
  6. 続きです。 路面のグラフィックを作成し、計算実行、結果の確認を行います。 mv_road4durability2.mp4
  7. MotionSolve2020にて、定常円旋回、ダブルレーンチェンジなどの標準走行イベントに簡単に凹凸が付けれるようになりました。これにより、簡単に悪路走行シミュレーションが行え、強度耐久評価、乗り心地評価にご利用いただけます。ぜひご利用ください。 本機能では、標準走行イベントのコースに沿った凹凸付きのCRG路面ファイルを生成します。CRG路面の可視化にはRoad Toolsを使用しています。 マルチボディソルバAltair MotionSolve : https://www.altairhyperworks.jp/product/motionsolve マルチボディモデリングAltair MotionView : https://altairhyperworks.jp/product/motionsolve/motionview mv_road4durability1.mp4 カンタン悪路走行シミュレーション_rev2.pdf ※ファイルのダウンロードには、必ず当フォーラムへのログインが必要となります。ログインしない状態でファイルをダウンロードすると、ファイルが存在しないといった旨のメッセージが表示されますが、実際にはログインするとダウンロードが可能になります。
  8. solidThinking Portalをご利用のユーザ様には、無償版をご利用いただくことができません。 solidThinking Portalとは別のメールアドレスをご準備ください。
  9. solidThinking Portalをご利用のユーザ様には、無償版をご利用いただくことができません。 solidThinking Portalとは別のメールアドレスをご準備ください。
  10. CADデータベースのモデリングにおいて、ユーザ独自の材料データベースを作成して、密度を設定している場合があると思います。 ただし、通常は追加した材料データベースはmdlファイルに記述されますが、今回は、デフォルトの材料データベースに追加する方法を説明します。 1.添付のuser_std_inc.mdlを任意の場所に保存してください。 2.user_std_inc.mdlをテキストエディタで開き、6行目以降に追加したい材料定義を記述してください。 既存のモデルからコピーペーストでよいと思います。 サンプルとして、すでに材料モデルが一つ記述されています。 3.MotionViewのTools > Options > Build Modelから添付図に従い、チェックを外して、上記ファイルを 参照してください。 4.MotionViewを再起動してください。記述した材料データがデフォルトで読み込まれます。 user_std_inc.mdl ※ファイルのダウンロードには、必ず当フォーラムへのログインが必要となります。ログインしない状態でファイルをダウンロードすると、ファイルが存在しないといった旨のメッセージが表示されますが、実際にはログインするとダウンロードが可能になります。
  11. 続きです。2つ目のベルトプーリを取り付けます。 mv_belt_pully2.mp4
  12. 今回はベルトプーリのモデルを作成する方法を紹介します。 MotionViewにはベルトプーリのテンプレートが用意されていますので、簡単に作成できます。 あわせて、システムを用いて、あるモデルから別のモデルにベルトプーリのシステムを移動させる方法を紹介します。 マルチボディソルバAltair MotionSolve : https://www.altairhyperworks.jp/product/motionsolve マルチボディモデリングAltair MotionView : https://altairhyperworks.jp/product/motionsolve/motionview mv_belt_pully1.mp4 system_belt_pully.zip ※ファイルのダウンロードには、必ず当フォーラムへのログインが必要となります。ログインしない状態でファイルをダウンロードすると、ファイルが存在しないといった旨のメッセージが表示されますが、実際にはログインするとダウンロードが可能になります。
  13. 下記ですでに作成ずみのNotebookファイルを使用する方法を紹介しています。 数点注意点がありますので、こちらもご覧ください。
  14. Altair MotionSolveには多くの自動車用のライブラリを標準で提供しており、HW2018でのトラックライブラリにつづき、HW2020では2輪車ライブラリが追加されました。 今回は、その2輪車ライブラリを用いて、ダブルレーンチェンジの走行解析を行いました。操縦安定性評価にご利用いただけます。 これまでの自動車、トラックと同様、悪路路面の走行や台上試験も可能ですので、強度評価にもご利用いただけます。ぜひご利用ください。 マルチボディソルバAltair MotionSolve : https://www.altairhyperworks.jp/product/motionsolve マルチボディモデリングAltair MotionView : https://altairhyperworks.jp/product/motionsolve/motionview ms_twowheeler.mp4
  15. Jupyter Notebookでご利用いただける制御工学入門テキストで無償で配布しております(英語版です。現在、日本語化作業中)。 Matlab互換言語が使えるAltair ComposeのJupyter Notebookでのご利用方法を説明します。 Jupyter Notebookを使いたいけど、制御なので、言語はPythonでなく、Matlabがいいという方におすすめです。 https://altairuniversity.com/44456-compose-notebook-version-of-the-e-book-for-system-dynamics-and-controls-using-altair-compose/ まずは、上記にアクセスして下記のリンクからダウンロードします。 ダウンロードしたファイルは解凍して、ドキュメント下のComposeNotebooksフォルダに.ipynbファイルを保存してください。 次に、ComposeのJupyter Notebookを起動します。インストールおよび起動方法は下記で紹介しております。 起動したNotebookにて、Open Notebookより先に保存した.ipynbファイルを開きます。 別ウィンドウで制御工学入門のテキストが開きます。ブラウザのウィンドウのポップアップを許可してください。 演習問題ではMatlabコードが埋め込まれていますので、すぐに実行して、グラフを描画できます。コード内でパラメータ変更など自由にできますので、理解が深まります。 このように、Jupyter Notebookはソースコードを含めたドキュメント作成に最適です。 作成したものはぜひ、Altair Forumで公開してみてください。
×
×
  • Create New...