Jump to content

Kosuke IKEDA

Members
  • Content Count

    165
  • Joined

  • Last visited

1 Follower

About Kosuke IKEDA

  • Rank
    Expert User

Profile Information

  • Gender
    Male
  • Country
    Japan
  • Interests
    Multi Body Dynamics
    Control
    Optimization
  • Are you University user?
    No

Recent Profile Visitors

The recent visitors block is disabled and is not being shown to other users.

  1. アーカイブモデルを用いれば、参照しているグラフィックファイルやCSVファイルを一つのフォルダにまとめてエクスポートしてくれます。 画面上メニューの File > Export > Model でウィンドウを開き、 Archive Model にチェックを入れて、出力先を指定して、Exportをクリックしてください。 Create zip file にチェックを入れれば、さらにzipに圧縮します。 モデルの受け渡しや、サポートへの問い合わせでモデルを送付する場合にご利用ください。
  2. MotionView上で外部のグラフィックファイルやCSVファイルを読み込んだ場合は、絶対パス参照となります。 ただし、絶対パスではファイルの受け渡しで不便な場合がありますので、相対パスに変更することもできます。 画面上メニューのTools > Optionsでウィンドウを開き、Path Managementで相対パス、絶対パスを切り替えることが出来ます。 ただし、モデルすべての参照パスを切り替えますので、部分的に変える場合は、各パネルのパス欄を編集いただくか、 mdlファイルをテキストエディタで編集いただく必要があります。
  3. Kosuke IKEDA

    ギアの接触解析

    ギアの応力解析まで行いたい場合は、下記の手法を用いることで可能となります。 InspireのモデルをMotionViewのmdl形式でエクスポートしてご利用ください。
  4. Kosuke IKEDA

    ギアの接触解析

    続きです。 モータおよび接触定義を行い、解析を実行します。 inspire_motoin_planetary_gear2.mp4
  5. 今回はAltair Inspireを用いて、プラネタリギア・遊星歯車の接触解析を行います。 Altair Inspireを用いれば、オートジョイント機能および接触機能を用いて、簡単にギアの接触解析を行い、ギアの挙動および、各ギアにかかる荷重を評価できます。 モデルは下記サンプル事例の一つです。Altair Connectにご登録いただければ、ダウンロード可能です。 概念設計ツールAltair Inspire : http://solidthinking.jp/product/inspire/ inspire_motoin_planetary_gear1.mp4
  6. Kosuke IKEDA

    ケーブル挙動の解析

    上記モデルはプーリが3つと複雑でしたので、プーリ1つで解析してみました。 まずは、簡単なモデルで、モデルの特性を把握してみるのが良いと思います。 md_cable2.mp4
  7. Multi-Disciplinary Toolsを用いればケーブル挙動の解析が可能です。 ウィンチでケーブルの巻上げ挙動が解析できます。 複数のプーリを配置することが可能です。 本手法では下記のMulti-Disciplinary Toolsが必要となりますので、事前に準備をお願いします。  マルチボディソルバAltair MotionSolve : https://www.altairhyperworks.jp/product/motionsolve md_cable.mp4
  8. Kosuke IKEDA

    Multi-Disciplinary Toolsのセットアップ

    本Multi-Disciplinary Toolsの一部の機能にはAltair Composeで作成した関数を使用しているため、 すべての機能をご利用いただくには、Altair Composeのインストールおよびセットアップが必要です。 ①ご利用のHWと同じフォルダにインストール。  異なる場合は、環境変数HW_MD_COMPOSEでインストール先を指定してください。 ②C:\Users\(user name)\.Altair\Compose2019\hwxにあるCompose_startup.omlに、Multi-Disciplinary ToolsのMD_Plugin\sTCompose\_macrosのパスを追加してください。 md_setup_compose.mp4
  9. Kosuke IKEDA

    ギアの応力解析

    Inspireを用いたギアの接触解析例をアップロードしました。 接触力を求めるだけでしたら、Inspireで簡単にモデルのセットアップ、解析が可能です。 ギアの応力まで求めた場合は、Inspireのモデルをエクスポートして、ここで紹介した手法に繋げることができます。
  10. Kosuke IKEDA

    ギアの応力解析

    続きです。 MotionSolveで求めた接触荷重をOptiStructのFEモデルにマッピングし、応力解析を行います。 直接法の線形過渡応答とモード法の線形過渡応答が提供されますが、線形解析ですので、直接法で十分なパフォーマンスが得られると思います。 md_ms08_gear_stress2.mp4
  11. 実稼動状態でのギアの応力解析は、ギアの疲労寿命を評価する上で重要です。 ただし、すべてFEMで計算していては膨大な計算時間がかかってしまいます。 しかし、Multi-Disciplinary Toolsと機構解析MotionSolveおよび構造解析OptiStructを用いれば、より軽負荷でギアの応力評価が可能となります。 ここでは、MotionSolve解析事例・サンプルモデルのうち、MV08のDifferential Gearを用いて、本手法を紹介します。 本手法では下記のMulti-Disciplinary Toolsが必要となりますので、事前に準備をお願いします。 マルチボディソルバAltair MotionSolve : https://www.altairhyperworks.jp/product/motionsolve 構造解析・構造最適化Altair OptiStruct : https://altairhyperworks.jp/product/optistruct md_ms08_gear_stress1.mp4
  12. Multi-Disciplinary Toolsのセットアップ方法を紹介します。 本ツールを用いれば、 ・HyperMeshと連携して、MotionViewのモデルを効率よく作成することができます ・AcuSolveの流体力をMotionSolveの弾性体にマッピングしたり、MotionSolveの接触荷重をOptiStructの有限要素モデルに簡単にマッピングできます ・カム、ギア、ケーブル、アクチュエータ等のサブモデルを提供します Forumにて個別に機能を紹介していきます。 本ツールは次リリースのHW2019よりプリインストールされますが、HW2018でもご利用いただけます。 HW2018にてご利用になりたい場合は support@altairjp.co.jp までご連絡ください。本ツールを配布いたします(サイズが大きく本Forumにはアップロードできないため)。 MD_Tools_v201x_Overview.pdf md_setup.mp4
  13. HW2018(hwdesktop2017.3)でDurabilityイベントを使用する場合は、 Windowsの環境変数 HW_MV_EXPERIMENTAL = ALL を追加してください。
  14. HW2018(hwdesktop2017.3)でDurabilityイベントを使用する場合は、 Windowsの環境変数 HW_MV_EXPERIMENTAL = ALL を追加してください。
  15. HW2018(hwdesktop2017.3)でDurabilityイベントを使用する場合は、 Windowsの環境変数 HW_MV_EXPERIMENTAL = ALL を追加してください。
×