Jump to content

amethyst

Members
  • Content Count

    4
  • Joined

  • Last visited

About amethyst

  • Rank
    Newbie

Profile Information

  • Country
    Japan
  • Are you University user?
    No

Recent Profile Visitors

The recent visitors block is disabled and is not being shown to other users.

  1. こんにちは、@Imotoさん。 取得した配置先の中心ノードのXYZの値に対して外積を計算して加算することで傾きに対応することができました。 今回のスクリプトは依頼されたもので、おそらく教えていただいた機能が使われていない場合を想定してのものだと思います。 この度はありがとうございました。
  2. お世話になっております。 ボルト穴のサイズを変更するための前処理として、選択した複製先の穴の中心ノードを用いて旧ボルト穴の存在する表面のエレメントをスクリプトで取得したいです。モデルが直交座標系から傾いている場合にその傾きに対応できる円範囲選択の記述方法の質問となります。 使用の場面として取得したelementのマスク後にreverseallすることで表面のメッシュだけを表示し処理します。新ボルト穴の平面と複製先の面は平行であるという前提です。 現在は "by face"を使わず、createmarkの"by cylinder"をオプションにし、 *createmark elem 1 "by cylinder" $X $Y $Z $X $Y [expr $Z + 0.01] 1000 1 inside 1 1 0.01 ;#数値誤差のための厚み0.01 XYZは複製先の穴の中心ノードの座標 *maskentitymark elems 1 0 ;#マスク のように複数のノードをforeachで回すたび毎に取得とマスクをしているのですが、この記述では面が直交座標系と平行であるとは限らないため、モデルが傾くと期待通りに取得できません。 そこで局所座標系を用いて、新ボルト穴の面から局所座標を取得して利用するとのことで3点を選択し、 #局所座標系の作成 *createmark nodes 1 $originPoint *systemcreate 1 0 $originPoint "x-axis" $Point1 "xy plane" $Point2 #局所座標系へのアサイン foreach node $SelectNodes { *createmark nodes 2 $node *systemsetreference nodes 2 1 *systemsetanalysis nodes 2 1 } のように作成して移動先のノードをアサインしました。 その後、局所座標系を利用した場合のoption等をどのように設定すれば傾きに合わせて平面のエレメントを取得できるのか分からず質問させていただきました。
  3. いもとさん ご教授いただきありがとうございます。 この情報の取得に苦心しておりましたのでとても助かります。 また行き詰った時は利用させていただきます。
  4. タイトルの通り既知の3つの節点を通る円の半径と中心座標をスクリプトで取得する方法を探しています。 3つの節点はユーザーが選択するものとして、その取得まではできているのですがそこからは数学的に算出するしかないでしょうか? もし円の半径と中心座標を3つの節点から取得できるコマンド等ありましたら教えていただけると幸いです。
×
×
  • Create New...