Jump to content

Search the Community

Showing results for tags 'カーブ'.



More search options

  • Search By Tags

    Type tags separated by commas.
  • Search By Author

Content Type


Forums

  • Altair Support Forum
    • Welcome to Altair Support Forum
    • Installation and Licensing
    • Modeling & Visualisation
    • Solvers & Optimization
    • Multi Body Simulation
    • Conceptual design and Industrial design
    • Model-Based Development
    • Manufacturing Simulation
    • CAE Process Automation
  • Academic Partner Alliance Forum
    • APA - Composites
    • APA - CFD & Thermal
    • APA - Vehicle Dynamics
    • APA - Manufacturing
    • APA - Crash and Safety
    • APA - Noise, Vibration and Harshness
    • APA - System Level Design
    • APA - Structural and Fatigue
    • APA - Marine
    • APA - Optical Design
  • Japanユーザーフォーラム
    • ユーザーフォーラムへようこそ
    • Altair製品の意外な活用例
    • インストールとライセンス
    • モデリング(プリプロセッシング)
    • シミュレーション技術(ソルバー)
    • データ可視化(ポストプロセッシング)
    • モデルベース開発
    • コンセプト設計と工業デザイン
    • 製造シミュレーション
    • CAE プロセスの自動化
    • 学生向け無償版
    • エンタープライズソリューション

Categories

There are no results to display.


Find results in...

Find results that contain...


Date Created

  • Start

    End


Last Updated

  • Start

    End


Filter by number of...

Joined

  • Start

    End


Group


AIM


MSN


Website URL


ICQ


Yahoo


Jabber


Skype


Interests


Organization

Found 2 results

  1. 今回はEvolveでモデリングを行う際の基本的な操作について、カーブの作成を例にご紹介します。 メニューパネル 各メニューはウィンドウ左側のアイコン、またはプルダウンメニューからアクセスします。 *本トピックではアイコンを使ってご紹介します。 アイコンは、操作の種類によってグループ分け(変換、カーブ、サーフェスなど)されています。グループ名をダブルクリックすると、そのグループを閉じることができます。 メニューパネル上でマウス中央ホイールをスクロールすると、最後の項目まで確認することができます。 メニューの起動 ここでは、線を描画するメニューを使ってご紹介します。カーブグループの左上にあるアイコンが線を描くメニューです。 このアイコンの右下にの三角形のマークがあることに注目してください。 これは、この位置に複数のアイコンが存在していることを表しています。 この位置にあるアイコンをマウス左ボタンで長押しすると隠れているアイコンが表示されます。 左から2番目のアイコンを選択してみましょう。 モデリングの基本操作 アイコンをクリックすると、コンソール(ウィンドウ上部の黄色い領域)に操作手順を示すメッセージが表示されます。 初心者の方もこれで操作に迷うことはありません。 解説: ポイント#(エンターまたはスペースキーで終了): 0, 0, 0 は、カーブが通過する参照ポイントを指定するように指示しています。この時、0,0,0 がそのポイントの座標値を表しますが、画面上で目的の位置を直接クリックして指定することもできますし、このフィールド内に数値を入力して指定することもできます。 指定したポイントを通過するようにカーブが描かれていきますが、描画の完了時にはエンターキーまたはスペースキーを押して終了させます。 適当なポイントをクリックしてカーブを作成してみましょう。 オブジェクトの編集 Evolveではモデルの基本単位をオブジェクトと呼びます。ここでは、上記手順で作成したオブジェクト(カーブ)を編集してみます。 指定したオブジェクトを編集モードに切り替えるには、下記のいずれかの方法をとります ダブルクリックする 選択後、エンターキーまたはスペースキーを押す 選択後、編集モードアイコンをクリックする     編集モードに切り替わったかどうかの確認は、コントロールポイントが表示されたり、アイコンが編集モードに切り替わっていることで判断できます。 コントロールポイントをマウスドラッグで動かしてみましょう。 ポイントの位置を数値入力で指定したい場合はパネル右側のコントロールパネルを使います。 編集の完了はエンターキーまたはスペースキーで指示します。
  2. HyperGraphのウィンドウをアクティブにしてから、File⇒Export⇒Curves機能で出力することが出来ます。 なお、複数のカーブが存在する場合は、"Export Format"の項目を"CSV Blocks"にするのがオススメです。
×
×
  • Create New...