Jump to content

Search the Community

Showing results for tags 'リバースエンジニアリング'.



More search options

  • Search By Tags

    Type tags separated by commas.
  • Search By Author

Content Type


Forums

  • Altair Support Forum
    • Welcome to Altair Support Forum
    • Installation and Licensing
    • Modeling & Visualisation
    • Solvers & Optimization
    • Multi Body Simulation
    • Conceptual design and Industrial design
    • Model-Based Development
    • Manufacturing Simulation
    • CAE Process Automation
  • Academic Partner Alliance Forum
    • APA - Composites
    • APA - CFD & Thermal
    • APA - Vehicle Dynamics
    • APA - Manufacturing
    • APA - Crash and Safety
    • APA - Noise, Vibration and Harshness
    • APA - System Level Design
    • APA - Structural and Fatigue
    • APA - Marine
    • APA - Optical Design
  • Japanユーザーフォーラム
    • ユーザーフォーラムへようこそ
    • Altair製品の意外な活用例
    • インストールとライセンス
    • モデリング(プリプロセッシング)
    • シミュレーション技術(ソルバー)
    • データ可視化(ポストプロセッシング)
    • モデルベース開発
    • コンセプト設計と工業デザイン
    • 製造シミュレーション
    • CAE プロセスの自動化
    • 学生向け無償版
    • エンタープライズソリューション

Categories

There are no results to display.


Find results in...

Find results that contain...


Date Created

  • Start

    End


Last Updated

  • Start

    End


Filter by number of...

Joined

  • Start

    End


Group


AIM


MSN


Website URL


ICQ


Yahoo


Jabber


Skype


Interests


Organization

Found 4 results

  1. FEM解析や構造最適化計算結果、3Dスキャンデータを、なめらかな面のCADデータに変換する操作方法を前編・後編に分けて紹介します。 STLを直接編集する(前編) STLデータのまま直接編集する方法として以下の機能があります。 ・パッチ数をへらす ・スムージング ・部分消去、穴を閉じる きれいな面を新規作成する(後編) STLは参照するのみ、CADモデルへの作り直しを1日, 2日で行える技術があります。 ・中心軸にスナップして3Dカーブを描く ・PolyNURBS(STLをなぞる) ・リモデルのセオリー まずはSTLデータをインポートします。 STLを直接編集する(前編)ではインポートオプションで「Import for modeling」を選択して読み込みます。 きれいな面を新規作成する(後編)では「Import for rendering / reconstruction」を選択します。 ・パッチ数をへらす PolyNURBSの簡素化というコマンドを使います。 Bridge.stlのファイルを「Import for modeling」でインポートします。 コマンド実行後、STLオブジェクトを選択し、プロパティのフェイス削減率の%を編集します。   ・スムージング プロパティの編集で頂点にチェックを入れ、スムーズにしたい頂点をドラッグで囲って選びプロパティのスムージングボタンを押します。 押し続けることでどんどんスムーズになります。   ・部分消去、穴を閉じる プロパティの編集で頂点・エッジ・フェイスのいずれかにチェックを入れて、消去したい頂点・エッジ・フェイスを選択してdeleteキーで消去します。 穴を閉じるコマンドを実行すると穴が水色でハイライト表示され、そのハイライトエッジをクリックすると1枚のフェイスで穴が閉じられます。 操作動画もご覧いただけます。 STLデータのリモデル前編_なし.mp4 ※こちらの動画は右クリックでダウンロードすることができます。 YouTubeには動画が多数ございます。ぜひご覧ください!
  2. STL(三角形シェル)から、サーフェスを作成する際のテクニックをご紹介します。 HyperMeshでは、STLを三角形のシェル要素として扱います。 HyperMeshでは「Geom」ページ⇒「surfaces」パネル⇒「from FE」機能を用いて、シェル要素からサーフェス(ジオメトリ)を作成することが可能です。 サーフェスを生成する際に、サーフェスの区切り目を明確に指定したい場合は、予め「features」パネルや「line mesh」機能を用いて、『PLOT』要素を作成しておくと便利です。 また、サーフェスの区切り目を指定することでキレイなサーフェスを生成して、CADにエクスポートすることが可能です。 詳しくは、以下のビデオをご確認下さい。 STL_Surface.mp4 ※作成したサーフェスは、「File」⇒「Export」⇒「Geometry」機能を用いて、『IGES、JT、Parasolid、STEP』などの形式で出力することができます。
  3. メッシュ形状を、CADソフト上で表示したい場合のエクスポート方法のまとめ -手法1-(STL形式で出力)  STL形式が読み込み可能なCADであれば、STLでエクスポートする方法が考えられます。  HyperMeshでは、三角形のシェル要素をSTL形式でエクスポートすることができます。  ソリッド部品の場合は、Toolページ⇒facesパネル⇒find facesボタンでソリッド表面にシェル要素を作成しておきます。  また、ハットマークから始まるコンポーネントはエクスポートされませんので、「^faces」という名前のコンポーネント名からハットマークを消して「faces」という名前にしてから、File⇒Export⇒Solver Deck項目で、File typeをSTLにしてエクスポートします。  ※もし四角形シェル要素がある場合は、2Dページ⇒splitパネル⇒plate elements機能で、devide quadsにして四角形を三角形シェルに分割しておいて下さい。 -手法2-(CAD化⇒IGESやSTEP形式で出力)  シェル要素から、自動的にサーフェスを作成する方法 https://forum.altairhyperworks.com/index.php?/topic/22597-% -手法3-(CAD化⇒IGESやSTEP形式で出力)  シェル要素から、サーフェスの領域を指定してサーフェスを作成する方法 https://forum.altairhyperworks.com/index.php?/topic/23587-stl% -手法4-(CAD化⇒IGESやSTEP形式で出力)  各シェル要素に対して、1つのサーフェスを作成する方法 https://forum.altairhyperworks.com/index.php?/topic/22682-% -手法5-(Evolveを用いてCAD化)  STLや3DスキャンデータのCAD化 https://forum.altairhyperworks.com/index.php?/topic/27113-stl%
  4. FEM解析や構造最適化計算結果、3Dスキャンデータを、なめらかな面のCADデータに変換する操作方法を前編・後編に分けて紹介します。 前編:STLを直接編集する きれいな面を新規作成する(後編) STLは参照するのみ、CADモデルへの作り直しを1日, 2日で行える技術があります。 ・中心軸にスナップして3Dカーブを描く ・PolyNURBS(STLをなぞる) ・リモデルのセオリー ・中心軸にスナップして3Dカーブを描く Optimization.stlのファイルを「Import for rendering / reconstruction」でインポートします。 中心軸にスナップ というスナップオプションを使いながらNURBSカーブを描きます。 NURBSカーブのコマンドを実行後、棒状部分にマウスを置くとスナップアイコンが表示されます。 この表示があるときにNURBSカーブのポイントを配置していきます。 断面形状を描き、パイプ というコマンドを使うことで複雑なビーム形状も短時間で作成できます。 ・PolyNURBS(STLをなぞる) ビーム形状はポリキューブというPolyNURBSプリミティブを、粘土のように引き伸ばしていくことで新規作成します。 このPolyNURBSはInspireのPolyNURBSと同じで、どちらのソフトウェアで作成しても同じジオメトリ情報をもっています。 動画をご覧いただきながら練習できるモデルbase.evoを用意しましたので、ご興味ある方はぜひトライしてみてください! ブリッジの作成というボタンを利用してノードを作成します。 ・リモデルのセオリー STLをリモデルする上でいくつかセオリーがあると考えています。 もちろん設計や生産の制約と照らし合わせて考えなくてはいけないところですが、まだモデリングのルールが見えないときは是非このセオリーを参考にしていただければ幸いです。 操作動画もご覧いただけます。 STLデータのリモデル後編_なし.mp4 ※こちらの動画は右クリックでダウンロードすることができます。 YouTubeには動画が多数ございます。ぜひご覧ください!
×
×
  • Create New...