Jump to content

Search the Community

Showing results for tags '要素座標系'.



More search options

  • Search By Tags

    Type tags separated by commas.
  • Search By Author

Content Type


Forums

  • Altair Support Forum
    • Welcome to Altair Support Forum
    • Installation and Licensing
    • Modeling & Visualisation
    • Solvers & Optimization
    • Multi Body Simulation
    • Conceptual design and Industrial design
    • Model-Based Development
    • Manufacturing Simulation
    • CAE Process Automation
  • Academic Partner Alliance Forum
    • APA - Composites
    • APA - CFD & Thermal
    • APA - Vehicle Dynamics
    • APA - Manufacturing
    • APA - Crash and Safety
    • APA - Noise, Vibration and Harshness
    • APA - System Level Design
    • APA - Structural and Fatigue
    • APA - Marine
    • APA - Optical Design
  • Japanユーザーフォーラム
    • ユーザーフォーラムへようこそ
    • Altair製品の意外な活用例
    • インストールとライセンス
    • モデリング(プリプロセッシング)
    • シミュレーション技術(ソルバー)
    • データ可視化(ポストプロセッシング)
    • モデルベース開発
    • コンセプト設計と工業デザイン
    • 製造シミュレーション
    • CAE プロセスの自動化
    • 学生向け無償版
    • エンタープライズソリューション

Categories

There are no results to display.


Find results in...

Find results that contain...


Date Created

  • Start

    End


Last Updated

  • Start

    End


Filter by number of...

Joined

  • Start

    End


Group


AIM


MSN


Website URL


ICQ


Yahoo


Jabber


Skype


Interests


Organization

Found 1 result

  1. HyperViewの操作メニュー内に、『Resolved in』という項目があります。 『Resolved in』は、ベクトルやテンソル結果の座標変換を行うための項目なのですが、(座標変換って何?という方は、Wikipediaの応力ページをご確認下さい。) 要素座標系がどのように決まるのかを、ご説明いたします。 「Elemental system」は、下図のようにソルバーの入力ファイルに記述されている、要素の構成節点の記述順と節点位置で決まります。 例えば、HyperMeshで、ある四角形シェル要素カードの内容を確認すると、下記のように構成節点番号がご確認いただけます。 G1,G2,G3,G4が4点の構成節点ですが、対角を結んだ中心点から、角度の平均方向が要素座標系のX方向となります。 HyperView上で、要素座標系の向きを確認する場合は、(System機能)をご利用下さい。
×
×
  • Create New...