Jump to content

Search the Community

Showing results for tags '連成シミュレーション'.



More search options

  • Search By Tags

    Type tags separated by commas.
  • Search By Author

Content Type


Forums

  • Altair Support Forum
    • Welcome to Altair Support Forum
    • Installation and Licensing
    • Modeling & Visualisation
    • Solvers & Optimization
    • Multi Body Simulation
    • Conceptual design and Industrial design
    • Model-Based Development
    • Manufacturing Simulation
    • CAE Process Automation
  • Academic Partner Alliance Forum
    • APA - Composites
    • APA - CFD & Thermal
    • APA - Vehicle Dynamics
    • APA - Manufacturing
    • APA - Crash and Safety
    • APA - Noise, Vibration and Harshness
    • APA - System Level Design
    • APA - Structural and Fatigue
    • APA - Marine
    • APA - Optical Design
  • Japanユーザーフォーラム
    • ユーザーフォーラムへようこそ
    • Altair製品の意外な活用例
    • インストールとライセンス
    • モデリング(プリプロセッシング)
    • シミュレーション技術(ソルバー)
    • データ可視化(ポストプロセッシング)
    • モデルベース開発
    • コンセプト設計と工業デザイン
    • 製造シミュレーション
    • CAE プロセスの自動化
    • 学生向け無償版
    • エンタープライズソリューション

Categories

There are no results to display.


Find results in...

Find results that contain...


Date Created

  • Start

    End


Last Updated

  • Start

    End


Filter by number of...

Joined

  • Start

    End


Group


AIM


MSN


Website URL


ICQ


Yahoo


Jabber


Skype


Interests


Organization


Location

Found 8 results

  1. 別Topicで紹介しました「システムシミュレーションを用いたパーソナル e-モビリティの電気モータの最適化」にて、 モータ質量や制御パラメータを変えると、応答性や消費電力が変わることを確認しました。 今回は、それらをHyperStudyで自動化したいと思います。 制御パラメータとモータ質量を設計変数として、DOEを行い、応答性、消費電力を確認します。 複数のファイルから設計変数を抽出したり、スクリプトで複数計算実行したりなど、いろいろ便利なテクニックが入ってますので、ご視聴ください。 1DシミュレーションツールAltair Activate : http://solidthinking.jp/product/activate/ マルチボディソルバAltair MotionSolve : https://www.altairhyperworks.jp/product/motionsolve 最適化ツールAltair HyperStudy : https://altairhyperworks.jp/product/hyperstudy activate_ms_hst.zip activate_ms_hst1.mp4
  2. パーソナル e-モビリティの一つである電動立ち乗り二輪車を例に、乗員の重量、車両の加速、減速、コーナリング性能等の要求スペックに対し、最適なモータを選定する手法をご紹介します。3Dの車両モデル、制御モデルを考慮したシステムシミュレーションを設計初期に実施することで、詳細な必要モータスペックを導き、モータの詳細設計の後、同システムシミュレーション環境で性能を確認します。 本内容はATCx – Altairテクノロジーカンファレンスシリーズ 制御と1D/3Dシステムシミュレーション(2018/6/22) で発表したものです。 下記ソフトウェアを使用しています。 1DシミュレーションツールAltair Activate : http://solidthinking.jp/product/activate/ マルチボディソルバAltair MotionSolve : https://www.altairhyperworks.jp/product/motionsolve 電磁界シミュレーションAltair Flux : https://altairhyperworks.jp/product/Flux ATCx_emobi1.mp4
  3. Altair Inspireの機構モデルは、Altair Activateの制御モデルと簡単に結合でき、すばやく連成シミュレーションが行えます。 Altair Inspireのモータもしくはアクチュエータ要素に対し、「コントローラの使用」と「プラントへの信号を生成」にチェックを入れて、MotionViewのモデルにエクスポートするだけです。 出力されたMotionViewのモデルには、Matlab/SimulinkやAltair Activateと連成するためのポートがすでに設定されていますので、Altair Activateに読み込み、他のブロックと線で接続すれば、設定は完了です。あとは、Altair Activate側から実行してください。 概念設計ツールAltair Inspire : http://solidthinking.jp/product/inspire/ 1DシミュレーションツールAltair Activate : http://solidthinking.jp/product/activate/ マルチボディソルバAltair MotionSolve : https://www.altairhyperworks.jp/product/motionsolve マルチボディモデリングAltair MotionView : https://altairhyperworks.jp/product/motionsolve/motionview inspire_motoin_activate.mp4
  4. FMI (Functional Mock-up Interface)を用いれば異なるソフトウェア間の連携が可能ですが、計算が流れない等の問題が生じた場合は、どちらのソフトに問題があるのか原因を特定するのが大変です。 そんな時のために、FMIのOfficialページにて、FMU Compliance Chekerというツールが配布されています。このツールを用いますと、FMU単独で計算実行できますので、まずは、FMUのエクスポート側に問題がないかを確認することができます。 今回、Altair Activateから出力したFMUに対して、このチェックツールを適用してみました。無事に単独で計算が流れ、このFMUには問題がないことが確認できました。 CSVファイルで入力も作成できますので、入力に対する応答もチェック可能です。 FMIの計算でお困りの場合は、是非、このチェックツールを使ってみてください。 FMI Official : https://fmi-standard.org/ 1DシミュレーションツールAltair Activate : http://solidthinking.jp/product/activate/ fmu_checker.zip activate_fmi_check.mp4
  5. Altair Activateは連成シミュレーションの規格であるFMI (Functional Mock-up Interface)をサポートしています。 これにより、FMIをサポートしているあらゆるソフトウェアと連携できます。 まずは、FMIをエクスポート機能を用いて、Altair ActivateのモデルをFMU形式で出力してみます。 Altair ActivateはFMI2.0のCo-simulation、ModelExchangeのエクスポートをサポートしています。 1DシミュレーションツールAltair Activate : http://solidthinking.jp/product/activate/ activate_fmi_export.mp4 fmi_export.zip
  6. SMPを用いた方法とIPCを用いた方法の二通りの接続方法があります。 倒立振子を題材としたチュートリアルがありますので、ご参照ください。 MV-7002: Simulinkとの連成シミュレーション – SMPアプローチ MV-7009: Simulinkとの連成シミュレーション – IPCアプローチ マルチボディソルバAltair MotionSolve : https://www.altairhyperworks.jp/product/motionsolve マルチボディモデリングAltair MotionView : https://altairhyperworks.jp/product/motionsolve/motionview
  7. Simulinkのモデルを読み込むには、Simportというライブラリを追加が必要です。 Altair ConnectサイトよりSimportのライブラリをダウンロードし、ファイル->ライブラリ->インストールでライブラリを追加してください。 詳細は動画をご確認ください。 Altair Connect : https://connect.altair.com/ 1DシミュレーションツールAltair Activate : http://solidthinking.jp/product/activate/ activate_simport.mp4
  8. 1Dモデリング & システムシミュレーション入門を開催します。 本シリーズでは、アーム機構の回転制御を例題として、Activateの基本操作および、Signalモデリング、Modelicaモデリング、連成シミュレーション、最適化方法を学びます。 対象のモデルはDCモータに接続されたアームを制御するものとし、シグナルブロックの制御モデル、Modelicaブロックの電気回路モデルおよびMotionSolveの機構解析を用いたアームもモデルが含まれますので、これらの接続方法を習得できます。また、Activateの最適化ブロックやHyperStudyとの連携による最適化手法も紹介します。小分けに解説動画およびモデルを配布していきますので、是非ご利用ください。 なお、本コースでは solidThinking Activate 2017.3 HyperWorks 2017.2 を使用しています。 1DシミュレーションツールAltair Activate : http://solidthinking.jp/product/activate/ マルチボディソルバAltair MotionSolve : https://www.altairhyperworks.jp/product/motionsolve activate_training_00_intro.mp4
×
×
  • Create New...