Jump to content

Search the Community

Showing results for tags '重力'.



More search options

  • Search By Tags

    Type tags separated by commas.
  • Search By Author

Content Type


Forums

  • Altair Support Forum
    • Welcome to Altair Support Forum
    • Installation and Licensing
    • Modeling & Visualisation
    • Solvers & Optimization
    • Multi Body Simulation
    • Conceptual design and Industrial design
    • Model-Based Development
    • Manufacturing Simulation
    • CAE Process Automation
  • Academic Partner Alliance Forum
    • APA - Composites
    • APA - CFD & Thermal
    • APA - Vehicle Dynamics
    • APA - Manufacturing
    • APA - Crash and Safety
    • APA - Noise, Vibration and Harshness
    • APA - System Level Design
    • APA - Structural and Fatigue
    • APA - Marine
    • APA - Optical Design
  • Japanユーザーフォーラム
    • ユーザーフォーラムへようこそ
    • Altair製品の意外な活用例
    • インストールとライセンス
    • モデリング(プリプロセッシング)
    • シミュレーション技術(ソルバー)
    • データ可視化(ポストプロセッシング)
    • モデルベース開発
    • コンセプト設計と工業デザイン
    • 製造シミュレーション
    • CAE プロセスの自動化
    • 学生向け無償版
    • エンタープライズソリューション

Categories

There are no results to display.


Find results in...

Find results that contain...


Date Created

  • Start

    End


Last Updated

  • Start

    End


Filter by number of...

Joined

  • Start

    End


Group


AIM


MSN


Website URL


ICQ


Yahoo


Jabber


Skype


Interests


Organization

Found 2 results

  1. シェル要素で構成された軟組織体を剛壁に押し付けるような計算をおこなっています. 重力の作用は考慮せず,HyperMeshのload collectorでも重力作用については特に記述していません. しかし,シェル要素のMaterialの設定で初期密度(rho_initial)の値を変えると,RADIOSSで計算を行った際の結果が変わるということがわかりました. 重力の作用を考慮しない場合は,密度の値は計算に影響しないと認識していたのですが, そのような理解で正しいでしょうか. またそうであった場合,rho_initialの値を変えることで計算結果が変わるというようなことがあるのか教えていただきたいです. どうぞよろしくお願いします.
  2. 重力の定義はGRAVカードを用います。 GRAVカードはHyperMeshの荷重コレクターであり、モデルブラウザ上でマウス右ボタンによるポップアップメニューから、Create >> LoadCollectorを選択します。 エンティティエディタでは、Card Image = GRAVにし、G欄に加速度を、N1,N2,N3で加速度がかかる方向のベクトルを指定します。 下の例では、Y負方向に重力がかかることになります。(mm, N単位系では、9800mm/sec^2の加速度) 添付のgrav.femファイルは下図のようにバネを吊り下げたサンプルです。 バネ長10mm、バネ定数100N/mm、バネ上端完全拘束、バネ下端に10kgの質量を付加した状態で、自重(Y負方向の加速度9806.15mm/sec2)を考慮 grav.fem
×
×
  • Create New...