Jump to content

Search the Community

Showing results for tags 'abaqus結果'.



More search options

  • Search By Tags

    Type tags separated by commas.
  • Search By Author

Content Type


Forums

  • Altair Support Forum
    • Welcome to Altair Support Forum
    • Installation and Licensing
    • Modeling & Visualisation
    • Solvers & Optimization
    • Multi Body Simulation
    • Conceptual design and Industrial design
    • Model-Based Development
    • Manufacturing Simulation
    • CAE Process Automation
  • Academic Partner Alliance Forum
    • APA - Composites
    • APA - CFD & Thermal
    • APA - Vehicle Dynamics
    • APA - Manufacturing
    • APA - Crash and Safety
    • APA - Noise, Vibration and Harshness
    • APA - System Level Design
    • APA - Structural and Fatigue
    • APA - Marine
  • Japanユーザーフォーラム
    • ユーザーフォーラムへようこそ
    • Altair製品の意外な活用例
    • インストールとライセンス
    • モデリング(プリプロセッシング)
    • シミュレーション技術(ソルバー)
    • データ可視化(ポストプロセッシング)
    • モデルベース開発
    • コンセプト設計と工業デザイン
    • 製造シミュレーション
    • CAE プロセスの自動化
    • Student Edition(学生用無償版)

Categories

There are no results to display.


Find results in...

Find results that contain...


Date Created

  • Start

    End


Last Updated

  • Start

    End


Filter by number of...

Joined

  • Start

    End


Group


AIM


MSN


Website URL


ICQ


Yahoo


Jabber


Skype


Interests


Location

Found 2 results

  1. AbaqusのODBファイルを読み込んだ際の、「S-Stress components(s)」と「S-Global-Stress components(t)」の違いをご説明します。 一番の大きな違いは、データのタイプが異なります。  「S-Stress components(s)」は、(s)となっていますので、スカラー値です。=そのまま座標変換は出来ない。  「S-Global-Stress components(t)」は、(t)となっていますので、テンソル結果です。=座標変換が可能。 また、参照座標系や、結果をどこで演算したのかなどが異なります。  「S-Stress components(s)」は、Abaqusが計算時の参照座標系を基にODBファイルに直接ミーゼスや主応力の結果を書き込んだ結果をそのまま表示しています。  「S-Global-Stress components(t)」は、「XX,YY,ZZ,XY,YZ,ZX」の6成分を基に全体座標系に座標変換を行い、HyperViewの中でミーゼスや主応力を計算した結果を表示しています。
  2. AbaqusのODBファイルを読み込んだ際の、「S-Global-Stress components」と「S-Global-Stress components IP」結果の違いをご説明します。 IP=積分点(Integration point)を意味します。 S-Global-Stress components:ソルバーから出力された積分点結果から、外挿して近くの節点位置の結果にしたものです。 S-Global-Stress components IP:ソルバーから出力された積分点結果を、そのまま近くの節点結果としたものです。 ※低減積分要素の場合は、変化はありません。
×