Jump to content

Search the Community

Showing results for tags 'cmsmeth'.



More search options

  • Search By Tags

    Type tags separated by commas.
  • Search By Author

Content Type


Forums

  • Altair Support Forum
    • Welcome to Altair Support Forum
    • Installation and Licensing
    • Modeling & Visualisation
    • Solvers & Optimization
    • Multi Body Simulation
    • Conceptual design and Industrial design
    • Model-Based Development
    • Manufacturing Simulation
    • CAE Process Automation
  • Academic Partner Alliance Forum
    • APA - Composites
    • APA - CFD & Thermal
    • APA - Vehicle Dynamics
    • APA - Manufacturing
    • APA - Crash and Safety
    • APA - Noise, Vibration and Harshness
    • APA - System Level Design
    • APA - Structural and Fatigue
    • APA - Marine
    • APA - Optical Design
  • Japanユーザーフォーラム
    • ユーザーフォーラムへようこそ
    • Altair製品の意外な活用例
    • インストール / ライセンス / その他
    • モデリング(プリプロセッシング)
    • シミュレーション技術(ソルバー)
    • データ可視化(ポストプロセッシング)
    • モデルベース開発
    • コンセプト設計と工業デザイン
    • 製造シミュレーション
    • CAE プロセスの自動化
    • エンタープライズソリューション
    • データアナリティクス
    • 学生向け無償版(Altair Student Edition)

Categories

There are no results to display.


Find results in...

Find results that contain...


Date Created

  • Start

    End


Last Updated

  • Start

    End


Filter by number of...

Joined

  • Start

    End


Group


AIM


MSN


Website URL


ICQ


Yahoo


Jabber


Skype


Interests


Organization

Found 3 results

  1. Hi everyone, I am trying to setup a NVH problem with AMSES solver. According to altair's solver introduction (http://www.altairhyperworks.com/hwhelp/Altair/hw14.0/help/hwsolvers/hwsolvers.htm?solvers_overview_intro.htm#amses). AMSES should be activated from CMSMETH. I am new to Optistruct. Could some one please explain how exactly the CMSMETH should be set up? And why CMSMETH represents in load collector instead of control card? How about SOLVTYP? please explain how to set up SOLVTYP as well, if may. Thanks
  2. In hypermesh, while creating the flexible bodies i wanted to use CMSMETH card CBN and CB Method Now i wanted to know, will there be any difference in stiffness matrix in CBN and CB method? Awaiting reply Thank you
  3. 計算コストの低減 全体モデルを計算するのと比べ数倍~数十倍の計算速度になります。使用メモリや使用ディスクも大きく削減できます。 これは数十回解析計算実行する最適化や実験計画法では総計算時間に大きな影響を及ぼします。 リスクの低減 全体モデルを計算したときにエラーで止まったときに、モデルデバッギングが困難です。また、再度全体モデルで計算を実行する手間が必要です。 各部でスーパーエレメント化計算進めることで問題を一つ一つ確実にクリアにしていくことができ、計算時間面でもロスが少なく済みます。 計算リソースの確保 全体モデルが大きすぎると、多大な計算時間以前の問題としてメモリ不足やディスク不足で「計算そのものができない」ということがあります。 各部をスーパーエレメントにすることで計算可能な規模にまでモデルを縮小することが出来ます。 グループ作業の効率化 グループでモデリング作業を行うとき、結合点の座標値と節点ID情報を共有するだけで済みます。 各自が部品モデリング、スーパーエレメント化計算を済ますことでアセンブルは容易に済みます。 情報の秘匿性 スーパーエレメント化することで材料物性値や形状、荷重条件、減衰特性などの情報を隠すことが出来ます。 これら情報を他に知られずに部品としての剛性・振動特性情報だけを外部に出すことができます。 数社にまたがる開発プロジェクトなどで自社ノウハウなどを外部に出せないが、部品特性を出す必要があるときに スーパーエレメント化が役に立ちます。
×
×
  • Create New...