Jump to content

Search the Community

Showing results for tags 'from fe'.



More search options

  • Search By Tags

    Type tags separated by commas.
  • Search By Author

Content Type


Forums

  • Altair Support Forum
    • Welcome to Altair Support Forum
    • Installation and Licensing
    • Modeling & Visualisation
    • Solvers & Optimization
    • Multi Body Simulation
    • Conceptual design and Industrial design
    • Model-Based Development
    • Manufacturing Simulation
    • CAE Process Automation
  • Academic Partner Alliance Forum
    • APA - Composites
    • APA - CFD & Thermal
    • APA - Vehicle Dynamics
    • APA - Manufacturing
    • APA - Crash and Safety
    • APA - Noise, Vibration and Harshness
    • APA - System Level Design
    • APA - Structural and Fatigue
    • APA - Marine
    • APA - Optical Design
  • Japanユーザーフォーラム
    • ユーザーフォーラムへようこそ
    • Altair製品の意外な活用例
    • インストールとライセンス
    • モデリング(プリプロセッシング)
    • シミュレーション技術(ソルバー)
    • データ可視化(ポストプロセッシング)
    • モデルベース開発
    • コンセプト設計と工業デザイン
    • 製造シミュレーション
    • CAE プロセスの自動化
    • 学生向け無償版
    • エンタープライズソリューション

Categories

There are no results to display.


Find results in...

Find results that contain...


Date Created

  • Start

    End


Last Updated

  • Start

    End


Filter by number of...

Joined

  • Start

    End


Group


AIM


MSN


Website URL


ICQ


Yahoo


Jabber


Skype


Interests


Organization

Found 4 results

  1. Toolページ⇒featuresパネルで、feature angleがゼロの状態でフォーチャー(PLOTEL)を作成します。 Surfacesパネル⇒From FE機能のelemsでシェル要素を選び、『Auto Detect Features』を『feature edges』に切り替えてから、フィーチャー(PLOTEL)を選択して実行すると、1枚のシェル要素に、1枚のサーフェスを作成することができます。
  2. STL(三角形シェル)から、サーフェスを作成する際のテクニックをご紹介します。 HyperMeshでは、STLを三角形のシェル要素として扱います。 HyperMeshでは「Geom」ページ⇒「surfaces」パネル⇒「from FE」機能を用いて、シェル要素からサーフェス(ジオメトリ)を作成することが可能です。 サーフェスを生成する際に、サーフェスの区切り目を明確に指定したい場合は、予め「features」パネルや「line mesh」機能を用いて、『PLOT』要素を作成しておくと便利です。 また、サーフェスの区切り目を指定することでキレイなサーフェスを生成して、CADにエクスポートすることが可能です。 詳しくは、以下のビデオをご確認下さい。 STL_Surface.mp4 ※作成したサーフェスは、「File」⇒「Export」⇒「Geometry」機能を用いて、『IGES、JT、Parasolid、STEP』などの形式で出力することができます。
  3. メッシュ形状を、CADソフト上で表示したい場合のエクスポート方法のまとめ -手法1-(STL形式で出力)  STL形式が読み込み可能なCADであれば、STLでエクスポートする方法が考えられます。  HyperMeshでは、三角形のシェル要素をSTL形式でエクスポートすることができます。  ソリッド部品の場合は、Toolページ⇒facesパネル⇒find facesボタンでソリッド表面にシェル要素を作成しておきます。  また、ハットマークから始まるコンポーネントはエクスポートされませんので、「^faces」という名前のコンポーネント名からハットマークを消して「faces」という名前にしてから、File⇒Export⇒Solver Deck項目で、File typeをSTLにしてエクスポートします。  ※もし四角形シェル要素がある場合は、2Dページ⇒splitパネル⇒plate elements機能で、devide quadsにして四角形を三角形シェルに分割しておいて下さい。 -手法2-(CAD化⇒IGESやSTEP形式で出力)  シェル要素から、自動的にサーフェスを作成する方法 https://forum.altairhyperworks.com/index.php?/topic/22597-% -手法3-(CAD化⇒IGESやSTEP形式で出力)  シェル要素から、サーフェスの領域を指定してサーフェスを作成する方法 https://forum.altairhyperworks.com/index.php?/topic/23587-stl% -手法4-(CAD化⇒IGESやSTEP形式で出力)  各シェル要素に対して、1つのサーフェスを作成する方法 https://forum.altairhyperworks.com/index.php?/topic/22682-% -手法5-(Evolveを用いてCAD化)  STLや3DスキャンデータのCAD化 https://forum.altairhyperworks.com/index.php?/topic/27113-stl%
  4. ソリッド要素の表面に、サーフェス(ジオメトリ)を作ることは出来ますか? ①Toolページ⇒facesパネルでソリッド部品を選択して、find facesボタンを押します。 ※「^faces」というコンポーネントに、ソリッド表面のシェル要素が作成されます。 ②^ハットマークから始まるコンポーネントはエクスポートされないので、「^faces」からハットマークを消しておきます。 ③Geomページ⇒surfacesパネル⇒From FE機能でシェル要素を選んで、createボタンを押すとサーフェスジオメトリの作成が開始されます。
×
×
  • Create New...