Jump to content

Search the Community

Showing results for tags 'radioss'.



More search options

  • Search By Tags

    Type tags separated by commas.
  • Search By Author

Content Type


Forums

  • Altair Support Forum
    • Welcome to Altair Support Forum
    • Installation and Licensing
    • Modeling & Visualisation
    • Solvers & Optimization
    • Conceptual design and Industrial design
    • Model-Based Development
    • Manufacturing Simulation
    • CAE Process Automation
  • Academic Partner Alliance Forum
    • APA - Composites
    • APA - CFD & Thermal
    • APA - Vehicle Dynamics
    • APA - Manufacturing
    • APA - Crash and Safety
    • APA - Noise, Vibration and Harshness
    • APA - System Level Design
    • APA - Structural and Fatigue
    • APA - Marine
  • Japanユーザーフォーラム
    • ユーザーフォーラムへようこそ
    • インストールとライセンス
    • モデリング(プリプロセッシング)
    • シミュレーション技術(ソルバー)
    • データ可視化(ポストプロセッシング)
    • モデルベース開発
    • コンセプト設計と工業デザイン
    • 製造シミュレーション
    • CAE プロセスの自動化

Categories

There are no results to display.


Find results in...

Find results that contain...


Date Created

  • Start

    End


Last Updated

  • Start

    End


Filter by number of...

Joined

  • Start

    End


Group


AIM


MSN


Website URL


ICQ


Yahoo


Jabber


Skype


Interests


Location

Found 356 results

  1. harshitpuri

    Shear failure in bolt

    i am trying to simulate shear failure in bolt in which head of bolt tears off due to shear load. I've used type 13 spring along with a local co-ordinate system and pre-tension curve . What is the best way to capture shear load failure. and what is the best way to apply pretension type 32 or type 13 spring. Should washers be modeled as rigid.?
  2. 陽解法の有限要素法では、要素の計算の全計算時間に占める比率が高くなることから、その計算時間を抑える為の工夫がいろいろと取り入れられていますが、弾塑性計算におけるラジアルリターン(Radial Return)アルゴリズムもその一つと言えます。塑性理論によれば、降伏後の応力点はその降伏関数上に無ければいけませんが、それをきちんと計算しようとすれば収束計算が必要になります。これに対し、ラジアルリターンでは、まず、弾性として応力の増分を計算し、計算された応力が降伏条件を超えた場合には、降伏関数上への戻り量を近似的に計算して、それを差し引いて新たな応力値とするものです。収束計算を行いませんので計算時間はより少なくできますが、精度的には下がります。これが今でもデフォルトですが、より高精度な計算を行いたい、という要望から現在ではNewton-Raphson法による反復収束計算も選択できるようになっています。これはプロパティのIplas(2:ラジアルリターン、1:反復収束計算)で選択できます。
  3. アワグラスモードの制御の為に人為的な抵抗係数を導入するのでは無く、仮想のひずみ場を導入してこれを有限要素法のエネルギー式に取り入れることにより、アワグラスモードの発生を抑える、という手法が90年代に入って生まれてきました。物理安定化(Physical Stabilization)と呼ばれるこの手法では、古典的なアワグラスコントロール(摂動型アワグラスコントロールとも呼ばれます)と異なり、アワグラス制御のために人為的な係数の導入を必要としません。文献にあります様に、元々は等方性弾性の4節点シェル要素に対して導入されましたが(QPH要素と呼ばれます)、これを弾塑性に拡張したのがRadiossのQEPH要素(4節点シェル要素)とHEPH要素(8節点ソリッド要素)です。これらの要素はそれぞれプロパティでIshell=24 、Isolid=24を指定する事で選択できます。古典的な1点積分要素に比べ、15%程度のCPU時間の増加で効率的にアワグラスの問題を避ける事が出来ます。これらの要素は当初は等方性材料のみに適用可能でしたが、現在では異方性材料にも適用できるように拡張されています。 文献:Ted Belytschko and Itai Leviathan, Physical stabilization of 4-node shell element with one point quadrature, Comput. Methods Appl. Mech. Engrg. 113, 1994, 321-350.
  4. Hi Everybody, I am trying to simulate the residual strain on different ply's of a laminate due to different rates of cooldown. I was planning to do this with a heat transfer analysis (transient) but I believe that composites are not supported in transient heat transfer. Is it possible to perform a sort of transient analysis applying a Delt Tº in the different time frame? I was thinking to do this with TLOAD1 with excited a TEMPD and a Table1 Is this approach correct? Thank you beforehand
  5. Hello everyone, I define a rigid body by selecting three components as slave nodes and the primary node is selected as calculated node. An initial velocity and gravity load were wanted to be imposed. I tried, but it didn't work. So I want to know how to impose initial velocity and gravity load on rigid body correctly? And how to select the master node of the rigid body? Best Wishes! Roy Duan
  6. Dear All, I am trying to simulate a compression test of a composite ring. With NLQS analysis, the solution goes pretty good and somehow accurate, but with this type of analysis, I can't get the CSTRAI and CSTRESS and failure criteria (not supported using NLOUT). I tried with NLGEOM(implicit) analysis and is working but the results are not the expected ones (Although I can obtain the composite analysis that I wanted). I realize that there are some penetrations in the model that I thought was not there since I choose a z0 option = TOP. It could be possible, that the solver uses the real midsurface of the laminate and so he can detect some penetrations and affecting my simulation? See the attached pictures Pic 1. Z0 = TOP Pic2. Z0 = real (midsurface of laminate) Not sure if I consider the midsurface of the laminate (and leave the half thickness between the end surface of thickness and the blue plate) the results will not be correct ones. Thank you for your time
  7. 有限要素法の定式は、エネルギー最小化に基づいて行われていますので、アワグラスモードのような0エネルギーのモードが存在すると、抑えが効かないことになり、全体の解を壊す原因となります。これに対して、まず80年代に考えられた対処法は、このアワグラスモードを抽出し、その変形に対して粘性または剛性による抵抗を与えようとするものです。これにより、アワグラスモードは0エネルギーモードでは無くなり、自由には変形できなくなります。8節点のソリッド要素を例にとると、1節点3自由度ですので合計24自由度で、各方向に8つのモードが存在します。この内訳は、1つが剛体移動、1つが伸縮変形、2つがせん断変形で、残りの4つが下図のようなアワグラスモードとなります。これらのモードに対して、更にアワグラス以外のモードと直交するように処理を行った上で抵抗を与え、アワグラスモードの発生を抑え込みます。この直交化により、アワグラスモードへの抵抗の付与が他の変形に影響を与えなくする事が出来ます。 現在ではより進んだアワグラスコントロール手法も登場していますが、簡単で、なお有効な手法であることから、今でもRadiossの要素定式化のデフォルトで、粘弾性型の古典的なアワグラスコントロールが用いられています。 文献:D. P. Flanagan and T. Belytschko, A uniform strain hexahedron and quadrilateral with orthogonal hourglass control Int. J. Numer. Meth. Engrg., 1981, 17, 679-706.
  8. 陽解法では、要素の応力分布から要素の節点力(内力)の計算に要素内の積分を必要としますが、これには4角形シェル要素や6面体ソリッド要素では前節で述べたGaussの数値積分が用いられます。実際の積分は応力分布に内挿関数を掛けての積分になりますので、その関数の次数からは各方向に2点の積分点数が必要で、4節点シェル要素であれば面内に2×2=4点の積分点が、6節点ソリッド要素であれば2×2×2=8点の積分点となります。この本来2点の積分点数が関数を正しく評価するために必要なはずの数値積分に対して、これをより少ない1点で済ませてしまう、というのが次数低減積分(reduced integration)です。 陰解法の場合、その計算で最も時間が掛かるのは全体剛性マトリックスの連立一次方程式を解く部分で、計算時間を節約するためには自由度数を減らす事がもっとも有効になります。このため、粗いメッシュでも精度が確保できるように定式は複雑でもより高精度な要素が用いられる事が普通です。 これに対し陽解法では、全体剛性マトリックスを解く必要が無いため、1ステップでの計算量はずっと少なくなりますが、その中での割合を見ると、この要素の計算で全体の3割ぐらいあり、無視できません。そこで、次数低減積分を用いて、シェルでもソリッドでも1積分点での計算で済ましてしまう事ができれば、計算時間の大きな節約になります。 但し、1積分点という事になるとその位置は中央の1点のみですので、例えば、要素が下図の様に台形に変形した場合、要素が変形しているにもかかわらず、中央でのひずみは0で従って応力もエネルギーも0ということが起こり得ます。このようなエネルギー0での変形モードを、要素2つを並べると、丁度、砂時計のような形状となるためアワグラスモード(hourglass mode)と呼ばれます。
  9. Hi everyone, I need an urgent help from all of you. I am doing a viscoelastic material simulation in radioss using kelvin maxwell law. i have the material data in storage modulus vs frequency so i changed my data into g(t) vs t. now when i go for curve fitting the value of prony term gi is coming greater than one.. As i have read in abaqus manual that value of gi should be less than 1 ,, so my question is this theory applied with radioss also or I can use my prony term coefficient which are coming greater than one.Please clear my concepts regarding this or also as per radios can i take the no of prny term more than 5 during curve fitting,, clear my concpts regarding this
  10. Aidan B

    Error with element energy

    I'm trying to run a crash simulation and have encountered the element distortion/extrusion shown in the attached image. I don't know the correct terminology for this so it has been difficult to find solutions online. I believe it is caused by the contact interfaces and I have enlarged the gap min and told the nodes of deleted elements to be removed. There is also failure criteria which seems to have been ignored for these elements because they should have failed and been deleted. Any help would be appreciated.
  11. Aidan B

    Unable to read T File

    I'm running a crash simulation in Radioss and I have requested a T file to be written. When I try and load the T file (T01) in hyperview and in hypergraph an error comes up saying it was unable to recognise it. I set the type to 0 default and I also tried 4 because I believe hypergraph can read that. I think data is being written to the file because the file size is fairly large. Any help would be appreciated. _ront_bumper.crashT01
  12. Hello everybody, I have some problems with stress initialization simulation of solid element: I'd like to do a simulation made of two step where the second step shall take into account strain and stress of first step. I have try to use \inista but there is something wrong because in second step, at first frame, the part have no stress. The procedure I have used is: - STEP I: /IOFLAG - eport solver deck from HyperView for the deformed shape - STEP II: /INISTA In attach the file .rad of simulation. Thank you in advance for your help! Marta CUBO_stepII_0000.out CUBO_stepII_0000.rad CUBO_stepII_0001.out CUBO_stepII_0001.rad CUBO_deformato.rad CUBO_stepI_0000.out CUBO_stepI_0000.rad CUBO_stepI_0000.sty CUBO_stepI_0001.out CUBO_stepI_0001.rad CUBO_stepI_0006.sty
  13. -1から1の範囲である関数の積分値を求めるものとして、もし、その関数が1次式であるならば、台形公式を用いるものとすればその積分値はf(-1)+f(1)で得られます(下図参照)。 ただ、もしf(0)の値を用いるものとすれば積分値は2f(0)として、1つの点の値だけでその積分を評価できます。Gaussの数値積分は、このように特定の座標(この場合はξ=0)での関数値f(0)と重み(この場合は2)の積で数値的に積分の解を表します。 では関数の次数が更に上がった場合にはどうなるでしょうか。例えば下図の様な3次関数を考えると、線と線で囲まれたおのおのの面積を比較すると、3次関数の曲線とξ軸との間の面積、即ち、定積分の値は斜めの直線が作る面積と同じになります。更に、その面積は幅が1で高さがそれぞれとの長方形の面積の和になります。図の例に限らず一般論として、2点(と)の関数値と重み(それぞれ1)で3次関数の積分値が正確に与えられます。 Gaussの数値積分では、一般にはn点の積分点での値で、2n-1次の関数の積分を正確に与える事が出来ます。
  14. 有限要素法では要素毎の計算がいろいろと必要になります。例えば要素の応力から要素節点の節点力を求める、陰解法であれば要素剛性マトリックスを作成する、といった計算です。この計算では、例えばトラス要素であれば節点力は応力σに断面積AをかけてAσ、要素剛性はといった形で簡単に計算できますが、シェル要素やソリッド要素では要素の面積や体積での積分計算が必要になります。ただ一般の4角形や6面体の複雑な形状で直接計算を行うのは大変なため、一旦、これらの形状を正方形や立方体に写像を行い、定式はその写像された形状に対して行う、といった事が行われます。こうした要素をアイソパラメトリック要素と呼びます。 アイソパラメトリック要素では、4角形要素であれば、一旦-1から1の正方形領域に写像を行います。そうすれば、要素面積での積分は ここに、 という様に-1から1のξ、η平面での積分に置き換える事が出来ます。この面上での積分には通常、次に述べるGaussの数値積分が用いられます。
  15. marta

    Radioss - Fabric

    Hi everyone, could someone help me with composites simulation? I'd like to understand the difference between material law 25 and 58 to make the better choice for my simulation: in attach the data sheet of the material. If someone have theoretical and pratical (tutorial) material could shear it? Many thanks in advance Marta Tepex_Dynalite __102RG600__PA.pdf
  16. Dear Altair support team, Mr. Rahul R., I am working on optimization the vehicle crash box, I have some question about Hyperstudy / Hypermorph coupling for shape optimization. As first figure below, I created 2 Shapes (yellow and green) by translating the handles in -X,+X direction to increase the taper angle. In HyperStudy, I defined the model type as HyperMesh, while I am importing input variables from HyperMesh, they ask me to identify the lower and upper bound once (as second figure below). In this study, I would like to have the design variables including crash box thickness, shape1 and shape 2. Question 1. I seperated the shape into 2 because I have no idear to handle with them, can there cause any problem further? 2. If I want to keep the handle distance (+10,-10 in x direction) which is defined in the HyperMesh, Should I set up the input variables as following? Variable 1 (dv_1) Lower= 0, Nominal = 0, Upper = 10 Variable 2 (dv_2) Lower= 0, Nominal = 0, Upper = -10 Are there correct? Thank you for your calification. Best regards, Wisawanart
  17. Hello, I am facing this error, i have updated 1D and 2d elements but still this coming, In model checker i getting one warning. ERROR ID : 54 ** ERROR IN INPUT FORMAT DESCRIPTION : IN BLOCK : 858 859 860 861 862 863 864 865 866 867 ERROR ID : 54 ** ERROR IN INPUT FORMAT DESCRIPTION : IN BLOCK : 858 859 860 861 862 863 864 865 866 867 ERROR ID : 54 ** ERROR IN INPUT FORMAT DESCRIPTION : IN BLOCK : 858 859 860 861 862 863 864 865 866 867 ERROR ID : 54 ** ERROR IN INPUT FORMAT DESCRIPTION : IN BLOCK : 858 859 860 861 862 863 864 865 866 867 ERROR ID : 54 ** ERROR IN INPUT FORMAT DESCRIPTION : IN BLOCK : 858 859 860 861 862 863 864 865 866 867 ERROR ID : 54 ** ERROR IN INPUT FORMAT DESCRIPTION : IN BLOCK : 858 859 860 861 862 863 864 865 866 867 ERROR ID : 54 ** ERROR IN INPUT FORMAT DESCRIPTION : IN BLOCK : 858 859 860 861 862 863 864 865 866 867 ERROR ID : 54 ** ERROR IN INPUT FORMAT DESCRIPTION : IN BLOCK : 858 859 860 861 862 863 864 865 866 867 ERROR ID : 54 ** ERROR IN INPUT FORMAT DESCRIPTION : IN BLOCK : 858 859 860 861 862 863 864 865 866 867 ERROR ID : 54 ** ERROR IN INPUT FORMAT DESCRIPTION : IN BLOCK : 858 859 860 861 862 863 864 865 866 867 ERROR ID : 54
  18. Hello , I am new to Radioss solver. Actually using it first time. I wanted to run a analysis for imposed displacement. Is there any tutorial available step by step. How to assign material, how to assign BC , loadstep, control card necessary for analysis. I have attached picture of which I am going for analysis.
  19. Hello, I am working on project which involve in impact analysis. I want to find stress generated when a plastic plunger hits a metal plate. I have rough calculation of initial velocity. I want go with Force as input, Can i go with pressure instead of initial velocity Thanks in advance
  20. Dear Altair support team, I am setting up the analysis of the crashbox for optimization. I have some questions regarding the Hyperstudy, 1. As figure below, can I set the position of those handles (red points) as a design variables because I need to find out the optimal taper angle. When I looked into the .tpl file, there cannot be adjusted them while shell thickness can be specified the lower upper bound directly. If impossible, could you suggest me the similar ways to carry out this task. 2. When I Evaluate Tasks for both nominal run and optimization. I think, the software is trying to solve the results but unfortunately when I look into the CPU load, it just 9% as same as the memory, completely different from usual situations. Normally, I define number of CPU cores as 24 (-nt 24) in RADIOSS. There have something wrong? or how I can define the core number in Hyperstudy? it is very slow now even a small problem. thank you for your help, best regards Wisawanart
  21. マススケーリングは、時間ステップが小さくなっている節点に質量を付加して最小の時間ステップを大きくする手法ですが、質量が増えれば、当然のことながら、その部分の運動エネルギーが増加し、慣性力も大きくなってしまいます。 このマススケーリングの改良版でアドバンストマススケーリングと呼ばれる手法があります。これは、要素の質量行列において、  ここに、 とその対角項にΔmdを付加するだけでなく、非対角項でΔmndを引き算し、全体として、差し引き0とする事で、慣性力の増加をキャンセルしようとするものです。 アドバンストマススケーリングの適用にはEngineファイル(0001.rad)の中で /DT/AMS ΔTsca ΔTmin と指定すると共に、Starterファイル(0000.rad)においても、 /AMS と/AMSカードと空行1行を指定します。これでモデル全体にアドバンストマススケーリングが適用されます。ΔTscaとΔTminの意味合いについては、通常のマススケーリングと同じです。 アドバンストマススケーリングはすべての問題に対して有効、というわけではありませんが、特にスタンピング解析や、準静的解析では、通常のマススケーリングに比べて10倍以上時間ステップを大きくしても問題ない事が多いようです。但し、アドバンストマススケーリングでは非対角項を持つ質量行列を扱う関係上、1ステップの計算時間が3倍程度に増えますので、それ以上時間ステップを大きくすることが可能な場合には、有効な手段となります。 アドバンストマススケーリングの使い方の詳細については、Radiossユーザーズガイドのアドバンストマススケーリング(AMS)ガイドラインをご覧下さい。Radioss日本語ユーザーズガイドは、Altair Connect: https://connect.altair.com/CP/downloads.html?suite=HyperWorks よりダウンロードできます。 また、理論の詳細については下記、参考文献をご参照下さい。 文献:Lars Olovsson, Kjell Simonsson and Mattias Unosson: Selective mass scaling for explicit finite element analyses, Int. J. Numer. Meth. Engng., 2005, 63, 1436-1445.
  22. 陽解法では、これ以上Δtを大きく出来ない、という安定条件が存在し、これがCourantの安定条件と呼ばれる以下の式:  ここにlcは要素の代表長さ、cは弾性波速度、、E:ヤング率、ρ:密度 で近似できる事は、時間積分の安定性について(1)、(2)で示した通りです。安定限界は、要素の安定限界は節点の質量と剛性でも与える事が可能で、この場合、 、ここに、m:節点質量、k:節点剛性 となります。安定限界はモデル全体での最小の時間ステップΔtで決まり、モデル中に少しだけでも小さな時間ステップの部分があると、そのために計算時間が大きく伸びてしまいます。もし、その時間ステップを決めている節点に多少の質量を追加する事が出来れば、その分安定限界を大きく出来ますので、計算時間の節約になります。これがマススケーリングと呼ばれるものです。 マススケーリングはEngineファイル(0001.rad)の中で /DT/NODA/CST ΔTsca ΔTmin というカードで指定できます。ここに、ΔTscaは安定限界に対する時間ステップのスケールファクターで、デフォルトは0.9です。これは安定限界の0.9の時間ステップで計算する事を示しています。係数を小さくするほど計算自体は余裕代が増えますので計算は安定しやすくなりますが、計算時間は増えます。一般に非線形性の高い問題を扱う場合には0.67位まで小さくした方が安全です。ΔTminがマススケーリングで目標とする最小時間ステップです。大きくすれば計算時間は減りますが、その分、節点に追加される質量も増えることになり、解くべき問題を変えてしまう事になります。どの程度質量が増加したかは、Engineの出力ファイル(0001.out)のMASS ERR.に出力されます。一般には2%( MASS ERR.が0.02)位までであれば、結果に対してそれ程影響を与えないと言われています。モデルにも依存しますが、この程度までの質量増加でも時間ステップを数倍大きくする事が可能になる事がしばしばです。ΔTminの大きさに関しては、Engineを少しだけ実行するなどして、MASS ERR.の値を確認し、決めます。 モデルの要素や節点の最小時間ステップは、Starterの出力ファイル(0000.out)にも出力されますので、これを確認してメッシュの修正が可能であれば予め修正して時間ステップが大きくなるようにすべき事は当然ですが、複雑なモデルですべての修正は困難な事が多いため、こうしたマススケーリングが実際には多く併用されます。
  23. Hi I have been trying to simulate crash between two cars using RADIOSS. The solver seems to be working perfectly and doesn't show any errors/ warnings. But when I load the results in HyperView the Von-Mises stress tends to be Zero (0). I'm getting the results for Displacement and Hourglass just not VM. I'm not able to troubleshoot the error. can you please advise? I can share the files with you via some secure dropbox or something like that. Thank You.
  24. AgataK

    Compression spring model

    Hello, I am trying to perform impact analysis and my model contains a compression spring which works under axial loading. Which model should I choose? Will P4_SPRING be OK? Does K parameter refer to spring stiffness? Could anybody shed some light on the matter? Thanks in advance.
  25. Pritam K

    Problems in BCS

    Hi, I simulated a ship collision analysis. Initially BCs applied to some nodes in all 6DOF till few time, later some of the BCs removed and only one BC applied in second Engine file. Initially the BCs were performed fine till 0.1sec (as attached in image for first Engine file). But in the second Engine file the applied BC (/BCS/TRA/Z/1) is not activated and the model starts moving along Z direction due to gravity. What is the most probable reason for this issue. Kindly resolve it.
×