Jump to content
Sign in to follow this  
Altair_Ichikawa

材料則2(Johnson-Cook則)の材料パラメータの求め方

Recommended Posts

材料則2(JohnsonCook)は鋼材やアルミ等の金属材料の材料則として、良く用いられるものですが、そのパラメータは以下のようにして求めることが出来ます。

まず、引張り試験の実測の応力-ひずみ曲線から真応力-真ひずみ(対数ひずみ)の関係に変換し、更に真ひずみからσ/Eで弾性成分を差し引いて、縦軸真応力、横軸真塑性ひずみのグラフが得られているものとします。Johnson-Cookの式はひずみ速度依存と温度依存を除くと、

                            σ=a + b εn

の指数関数で降伏後の硬化曲線を近似しますが、この式は、

                            σ- a = b εn

の形にした後で、両辺の対数をとれば、

                            log(σ- a) = log(b εn)

                                          = log(b) + n log(ε)

と直線になります。これらのパラメータのうちaは降伏応力ですのでε0のときのσの値で、後はbとnを決めれば良い事になりますが、対数の形にした後は直線ですので、最小2乗法を用いれば、実測σ-εの関係からフィッティングを行うことが出来ます。

実測のカーブからのデータ処理の詳細は、Radiossユーザーズ/リファレンスガイドの例題11-引張り試験をご覧ください。

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.

Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...