Jump to content
Sign in to follow this  
Altair_Ichikawa

接触インターフェースについて (3)エッジ接触インターフェースType11

Recommended Posts

板構造であれば構造全体にType7インターフェースを設定する事で、多くの場合、接触の問題は十分に対応できますが、Type7インターフェースは、あくまでも面と点の接触であるため、シェルのエッジやとがったソリッドの先端が接触するような場合、面と点はまだ接触していなくても、要素同士で見ると貫通が生ずることが起こり得ます。これに対応するエッジ接触がType11インターフェースです。

Type11インターフェースでは線(エッジ)と線(エッジ)の接触を取り扱います。線と成り得るのは、ビーム、トラス、スプリングといった線要素と、シェル、ソリッドの辺(エッジ)です。

接触のアルゴリズムとしては、線と線の接触である、と言う点を除けばType7と同じです。各線からギャップを考慮し、線同士の距離がその範囲に入ったときに接触と判断されます。こうして、シェルのエッジ同士等の接触を取り扱うことができますが、接触の相手の検索の効率がType7程は高くないため、Type7のように全体に与える、といった事はせずに、エッジ接触が起こりそうな部分のみに設定するようにします。

Type11-1.jpg

Type11-2.jpg

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.

Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...