Jump to content
Sign in to follow this  
WooheeKim

3Dプリンティングのためのデータ作成方法

Recommended Posts

solidThinking Evolveで3Dプリンティング用のデータを作成する方法をご紹介します。

トポロジー最適化を行いリモデルした自動車のサスペンションアームのモデルデータを使って説明します。

Evolveのデータはダウンロード可能です!3Dプリンティング.evo

コマンド履歴のプロパティから詳細を確認していただけます。

2018-06-14_11-23-54.jpg.df74e0dddf4b385eb638ff4443b4cf5e.jpg

 

まず、モデルデータをインポートします。

インポート可能な形式は以下の通りです。

2018-06-14_11-46-28.thumb.jpg.09089b197f3b17d5c24e7b8d48445098.jpg

 

★おまけ★

インポートしたモデルに、Illustratorで作成したロゴを刻印します。

Illustratorでver8にダウングレードした.aiファイルを保存し、Evolveでインポートします。

インポートしたカーブに「フィルパス」で面を貼り、適当な位置に移動して「押し出し」、サスペンションアームと「ブーリアン結合」を行います。

2018-06-14_11-53-05.thumb.jpg.b2410e6b926cde2eba8f30ef77d001f0.jpg

 

3DプリンティングするにはSTLデータが必要です。

Evolveでは、STLデータをエクスポートできるだけでなく、3Dプリンティングの積層サイズに合わせられるようなコマンドがあります。

「NURBSからポリメッシュ」というコマンドを実行し、プリントしたいオブジェクトを選択します。

プロパティでアドバンスドテッセレーションを選択し、ポリゴン寸法の最大値に任意の数字を入力します。

2018-06-14_12-22-05.thumb.jpg.a9a36dbe184ab879c398f44c8463e686.jpg

 

テッセレーションをかけたモデルを選び、ファイルメニューの選択したものを保存で拡張子STLを選び、保存します。

お持ちの3Dプリンターの積層ピッチなどに合わせ、よりきれいな3Dプリンティングパーツを印刷しましょう!

 

操作動画もご覧いただけます。

 

 

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.

Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...