Jump to content

Recommended Posts

FEM解析や構造最適化計算結果、3Dスキャンデータを、なめらかな面のCADデータに変換する操作方法を前編・後編に分けて紹介します。

テキスト1.jpg

 

STLを直接編集する(前編)

STLデータのまま直接編集する方法として以下の機能があります。
・パッチ数をへらす
・スムージング
・部分消去、穴を閉じる

 

きれいな面を新規作成する(後編)

STLは参照するのみ、CADモデルへの作り直しを1日, 2日で行える技術があります。

・中心軸にスナップして3Dカーブを描く
・PolyNURBS(STLをなぞる)
・リモデルのセオリー

 

 

まずはSTLデータをインポートします。

STLを直接編集する(前編)ではインポートオプションで「Import for modeling」を選択して読み込みます。

きれいな面を新規作成する(後編)では「Import for rendering / reconstruction」を選択します。

インポート2.jpg

 

・パッチ数をへらす

PolyNURBSの簡素化というコマンドを使います。

Bridge.stlのファイルを「Import for modeling」でインポートします。

コマンド実行後、STLオブジェクトを選択し、プロパティのフェイス削減率の%を編集します。

フェイス削減率.jpg 簡素化.jpg

 

・スムージング

プロパティの編集で頂点にチェックを入れ、スムーズにしたい頂点をドラッグで囲って選びプロパティのスムージングボタンを押します。

押し続けることでどんどんスムーズになります。

頂点.jpg スムージング.jpg

スムージングボタン.jpg

 

・部分消去、穴を閉じる

プロパティの編集で頂点・エッジ・フェイスのいずれかにチェックを入れて、消去したい頂点・エッジ・フェイスを選択してdeleteキーで消去します。

穴を閉じるコマンドを実行すると穴が水色でハイライト表示され、そのハイライトエッジをクリックすると1枚のフェイスで穴が閉じられます。

穴を埋める.jpg

 

 

操作動画もご覧いただけます。

※こちらの動画は右クリックでダウンロードすることができます。

 

YouTubeには動画が多数ございます。ぜひご覧ください!

 

IGGY likes this

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.

Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...