MV2017では、CADのインポート機能が強化され、H3Dのメッシュデータに変換せずに、CADデータをそのまま読み込めるようになりました。 この変更に伴い、質量、慣性モーメントは設定した材料密度によりMotionView上で計算されるため、後から、材料密度を変更することで、 質量、慣性モーメントが変更可能です。 従来のh3dを用いたモデルcad_import_h3d.mdlと 新しいcad(parasolid)を用いたモデルcad_import_parasolid.mdl の二つを用意しましたので、ご参考ください。 mv_cad_import.mp4 gear_graphic.h3d cad_import_h3d.mdl cad_import_parasolid.mdl gear.x_t