Jump to content
Sign in to follow this  
Imoto

Elemental system(要素座標系)とは?

Recommended Posts

HyperViewの操作メニュー内に、『Resolved in』という項目があります。
『Resolved in』は、ベクトルやテンソル結果の座標変換を行うための項目なのですが、(座標変換って何?という方は、Wikipediaの応力ページをご確認下さい。)

要素座標系がどのように決まるのかを、ご説明いたします。

contourパネル.jpg

 

「Elemental system」は、下図のようにソルバーの入力ファイルに記述されている、要素の構成節点の記述順と節点位置で決まります。

要素座標系OS.jpg


例えば、HyperMeshで、ある四角形シェル要素カードの内容を確認すると、下記のように構成節点番号がご確認いただけます。
G1,G2,G3,G4が4点の構成節点ですが、対角を結んだ中心点から、角度の平均方向が要素座標系のX方向となります。

要素座標.jpg

 

HyperView上で、要素座標系の向きを確認する場合は、System.jpg(System機能)をご利用下さい。

SystemsReview.jpg

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.

Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...