Jump to content
Sign in to follow this  
Imoto

Elemental system(要素座標系)とは?

Recommended Posts

HyperViewの操作メニュー内に、『Resolved in』という項目があります。
『Resolved in』は、ベクトルやテンソル結果の座標変換を行うための項目なのですが、(座標変換って何?という方は、Wikipediaの応力ページをご確認下さい。)

要素座標系がどのように決まるのかを、ご説明いたします。

contourパネル.jpg

 

「Elemental system」は、下図のようにソルバーの入力ファイルに記述されている、要素の構成節点の記述順と節点位置で決まります。

要素座標系OS.jpg


例えば、HyperMeshで、ある四角形シェル要素カードの内容を確認すると、下記のように構成節点番号がご確認いただけます。
G1,G2,G3,G4が4点の構成節点ですが、対角を結んだ中心点から、角度の平均方向が要素座標系のX方向となります。

要素座標.jpg

 

HyperView上で、要素座標系の向きを確認する場合は、System.jpg(System機能)をご利用下さい。

SystemsReview.jpg

Share this post


Link to post
Share on other sites

Create an account or sign in to comment

You need to be a member in order to leave a comment

Create an account

Sign up for a new account in our community. It's easy!

Register a new account

Sign in

Already have an account? Sign in here.

Sign In Now
Sign in to follow this  

×