Jump to content
Harada

Layersで選択可能なオプションについて

Recommended Posts

結果表示における、要素のレイヤーオプションについて、それぞれ下記の値を表示します。

 

Max : 最大値

 

Min : 最小値

 

Extreme : 最大絶対値

 

Sum : 値(スカラー)の和

 

Average : 平均値

 

Range : 最大値と最小値の差

 

Count : 出力結果が利用可能な層の数

 

MaxLayer : 最大値を示す層(名前付きでプロット)

 

MinLayer : 最小値を示す層(名前付きでプロット)

 

ExtremeLayer : 最大絶対値を示す層(名前付きでプロット)

 

Top/Bottom : 上面層と下面層のコンターを同じプロットで表示

 

Mid : 基準面

 

Z1(Lower) : 下面層

 

Z2(Upper) : 上面層

 

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
On 5/27/2020 at 5:12 PM, yusuke_mutoh@mail.toyota.c said:

要素のレイヤーオプションの下記の値がどういった値かを教えて下さい。

 

Z1/Z0

Z2/Curvature

 

Z1/Z0および、Z2/Curvatureについてですが、ここでの「/スラッシュ記号」は、「もしくは」という意味となります。

 

OptiStruct/Nastranなどソルバーへの結果出力要求によって、下記のような組み合わせで出力されます。
「strain (FIBER) = ALL」とした場合は、Z1、Z2の組み合わせで出力されます。
「strain (STRCUR) = ALL」とした場合は、Z0、Curvatureの組み合わせで出力されます。
※Z0=膜歪み、Curvature=曲げ歪みとご理解いただければ良いかと思われます。

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.


×
×
  • Create New...