Jump to content
Sign in to follow this  
Altair_Ichikawa

要素の計算(5)物理安定化アワグラスコントロール

Recommended Posts

アワグラスモードの制御の為に人為的な抵抗係数を導入するのでは無く、仮想のひずみ場を導入してこれを有限要素法のエネルギー式に取り入れることにより、アワグラスモードの発生を抑える、という手法が90年代に入って生まれてきました。物理安定化(Physical Stabilization)と呼ばれるこの手法では、古典的なアワグラスコントロール(摂動型アワグラスコントロールとも呼ばれます)と異なり、アワグラス制御のために人為的な係数の導入を必要としません。文献にあります様に、元々は等方性弾性の4節点シェル要素に対して導入されましたが(QPH要素と呼ばれます)、これを弾塑性に拡張したのがRadiossQEPH要素(4節点シェル要素)HEPH要素(8節点ソリッド要素)です。これらの要素はそれぞれプロパティでIshell=24 Isolid=24を指定する事で選択できます。古典的な1点積分要素に比べ、15%程度のCPU時間の増加で効率的にアワグラスの問題を避ける事が出来ます。これらの要素は当初は等方性材料のみに適用可能でしたが、現在では異方性材料にも適用できるように拡張されています。

 

文献:Ted Belytschko and Itai Leviathan, Physical stabilization of 4-node shell element with one point quadrature, Comput. Methods Appl. Mech. Engrg. 113, 1994, 321-350.

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.

Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...