Jump to content
Sign in to follow this  
Altair_Ichikawa

Radiossの要素(2)ソリッド要素

Recommended Posts

Radiossのソリッド要素は、6面体のヘキサ要素と4面体テトラ要素です。5面体のペンタ要素が必要な場合には、ヘキサ要素を縮退させて用います。ヘキサ要素では18節点ソリッドと、220節点ソリッドがあります。8節点ソリッドでは、デフォルトは古典的アワグラスコントロールの1点積分要素ですが、物理アワグラスコントロールの要素(HEPH)、完全積分要素も選択できます。これらはソリッドのプロパティで定式を指定します。テトラ要素では4節点テトラ要素と210節点テトラ要素を用いる事が出来ます。4節点テトラはデフォルトでは1点積分の1次要素ですが、プロパティでItetra=1 を指定する事で、各節点に回転自由度を導入した1節点6自由度の4節点2次テトラ要素とする事も出来ます。この要素では中間節点がありませんので、通常の2次要素の様な安定限界のΔTの低下なしに、精度の向上を図る事が出来ます。

 

ソリッドのプロパティでは、その使用目的(等方性、異方性)に応じて、以下のようなプロパティタイプが使用出来ます。

/PROP/SOLID:等方性ソリッド要素

/PROP/SOL_ORTH:直交異方性ソリッド要素

 

ソリッドプロパティ内で指定する、主なオプションは以下の通りです。

Isolid:ヘキサソリッド要素の定式化を指定

      0:1点積分ソリッド要素(デフォルト、/DEF_SOLIDが指定されている場合はその値)古典的アワグラスコントロール

     24:HEPHソリッド要素、1点積分、物理アワグラスコントロール

     17: 2×2×2完全積分ソリッド要素

Itetra4節点テトラ要素の定式化を指定

      0:1積分点の1次テトラ要素

      1:1節点6自由度。4積分点の2次テトラ要素

Iframe:大回転の取り扱いに関するフラグ

      0:非共回転定式化(デフォルト、/DEF_SOLIDが指定されている場合はその値)

      2:大回転を取り扱う共回転定式化

 

prop_solid.thumb.jpg.021afd88674f363069802b1c95a2e1fc.jpg

 

brick.jpg.6032bb57ad509fe06fcc90bed80a9a7f.jpg

 

tetra.jpg.3c72f17916a520aa44a6b5f1fab04ede.jpg

 

 

 

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.

Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...