Jump to content
Sign in to follow this  
Kosuke IKEDA

ダイアログボックスを用いて値を入力する

Recommended Posts

サンプル集のFFT処理を例に処理するファイルをダイアログボックスで選択する方法を紹介しました。

今回は、さらにダイアログボックスで値を入力する方法を紹介します。

inputdlgコマンドを使用すれば、ポップアップしたダイアログにて値、文字列を入力することができます。

これを用いて、FFTに使用する区間を変更できるように修正しました。

使い勝手が大きく改善されますので、是非習得して、他のファイルにも適用してください。

 

科学技術計算ソフトウェアAltair Compose : http://solidthinking.jp/product/compose/

サンプル事例02FFT : https://altairhyperworks.jp/product/solidThinking-Compose/sample02

ui_input_value.zip

Share this post


Link to post
Share on other sites

元データの点数がおおいと、allocationエラーが起きましたので、スクリプトを修正しました。

ハニングウィンドウをかける処理にて、マトリクス演算で記述していたので、メモリを取りすぎていたようです。

forループのベクトル演算に変更しました。

 

修正前

data_w=diag(hann(MM))*data_o;

 

修正後

for ii=1:1:NC
    data_w(:,ii)=hann(MM).*data_o(:,ii);
end

sTC_FFT_CSV_UI3_largefile.zip

Share this post


Link to post
Share on other sites

Create an account or sign in to comment

You need to be a member in order to leave a comment

Create an account

Sign up for a new account in our community. It's easy!

Register a new account

Sign in

Already have an account? Sign in here.

Sign In Now
Sign in to follow this  

×