Jump to content
Sign in to follow this  
Kosuke IKEDA

初期の釣合い計算がうまく行かない場合は

Recommended Posts

モデリング位置と釣合い位置が異なる場合は、初期の釣合い計算を行うことで、計算初期のノイズを減らし、精度のよい動解析が行えます。

ただし、複雑なモデルだと初期の釣合い計算が収束しなかったり、釣合い位置がユーザが意図したものではないことがあります。それは、釣合い位置が無数にあるために発生します。

それを回避するためには、初期の釣合い計算時に正しく拘束条件を追加することが必要です。拘束条件により、釣合い位置を一つに限定することで、収束性が改善され、ユーザが意図した釣合い状態が得られます。

今回は簡単な台車モデルに対して、車両のXY面内位置、ヨー姿勢、ホイールの回転を拘束した状態で、釣合い計算を行い、先の拘束を外して、動解析を行うサンプルを用意しました。ご確認ください。

下記と同じスクリプトシミュレーション手法を用いています。

マルチボディソルバAltair MotionSolve : https://www.altairhyperworks.jp/product/motionsolve
マルチボディモデリングAltair MotionView : https://altairhyperworks.jp/product/motionsolve/motionview

static_simple_car.zip

Share this post


Link to post
Share on other sites

Create an account or sign in to comment

You need to be a member in order to leave a comment

Create an account

Sign up for a new account in our community. It's easy!

Register a new account

Sign in

Already have an account? Sign in here.

Sign In Now
Sign in to follow this  

×