Jump to content
Sign in to follow this  
TA784

RADIOSSで使う材料モデルについて

Recommended Posts

RADIOSSにてシミュレーションを行いたい材料(異方性材料)があり,ヤング率、r値、n値、ヒルの降伏条件を満たす異方性パラメータ等を代入して材料モデルを作りたいのですが、異方性材料の材料モデルに最適なCard imageはありますでしょうか?

Share this post


Link to post
Share on other sites

ありがとうございます。LAW32で試してみます。

このモデルのパラメータに関して質問したいのですが、Hyperworks RADIOSS2017ヘルプにて各パラメータの確認をしました。

ひずみ速度指数と最小ひずみ速度、破壊塑性ひずみ、最大応力が例(鋼材)の場合それぞれ0になっていました。私は温度上昇によるひずみ速度の影響を考慮せず、これらの値を0として考えたのかと思いましたが、これらの値を0にしても結果に問題はないのでしょうか?

またこう考えた場合、aとε0のパラメータはどう求めたらよろしいのでしょうか?よければ教えていただきたいと考えています。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites

0を入力した場合にはデフォルト値が使われます。最大応力、破壊塑性ひずみのデフォルトはリファレンスガイドのページ記述されている通り、10^30です。aやε0等のパラメータは実測の引張り試験等のカーブから最小2乗法などでフィッティングを行うのが普通です。Radioss例題の例題11引張り試験の記述などがご参考になると思います。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.

Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...