Jump to content
Imoto

Abaqus結果の「S-Stress components(s)」と「S-Global-Stress components(t)」の違い

Recommended Posts

AbaqusのODBファイルを読み込んだ際の、「S-Stress components(s)」と「S-Global-Stress components(t)」の違いをご説明します。

sstress2.jpgsglobal.jpg

 

一番の大きな違いは、データのタイプが異なります。
 「S-Stress components(s)」は、(s)となっていますので、スカラー値です。=そのまま座標変換は出来ない。
 「S-Global-Stress components(t)」は、(t)となっていますので、テンソル結果です。=座標変換が可能。

 

また、参照座標系や、結果をどこで演算したのかなどが異なります。
 「S-Stress components(s)」は、Abaqusが計算時の参照座標系を基にODBファイルに直接ミーゼスや主応力の結果を書き込んだ結果をそのまま表示しています。
 「S-Global-Stress components(t)」は、「XX,YY,ZZ,XY,YZ,ZX」の6成分を基に全体座標系に座標変換を行い、HyperViewの中でミーゼスや主応力を計算した結果を表示しています。

 

S-Stress.jpg

Share this post


Link to post
Share on other sites

Create an account or sign in to comment

You need to be a member in order to leave a comment

Create an account

Sign up for a new account in our community. It's easy!

Register a new account

Sign in

Already have an account? Sign in here.

Sign In Now

×