Jump to content
M. Inoue

【マクロ】CADに登録してあるタグ情報をモデル化に利用する

Recommended Posts

CADで、サーフェスやラインなどに登録したタグの情報(たとえば各面の板厚情報を文字として入力したもの)は、メタデータとして内部で保持しています。

 

タグの情報のみでは、HyperMeshにはコンポーネント(部品)として分かれて取り込まれません。

 

ただし、このような内部のメタ情報については、"hm_metadata"などのコマンドから情報を取得することが可能です。

 

以下はメタデータとして登録してある、面ごとの文字情報を利用して部品分けする一つの例です。

{surfs 16 FULL_IDENTIFIER string Rail-Parts_T6mm}などの情報を基にコンポーネントを分ける例です。

 

*createmarkpanel surf 1 "Select surfaces";

foreach META [hm_metadata findbymark surfs 1] {

    set NAME [lindex $META 4];

    set ID [lindex $META 1];

    if {[hm_entityinfo exist comps $NAME -byname] == "0"} {

        *createentity comps name=$NAME;

    }

    *createmark surfaces 1 $ID;

    *movemark surfaces 1 $NAME;

}

Share this post


Link to post
Share on other sites

今回の例のように、メタデータを基にコンポーネントを分けたいとか、メタデータを基にコネクターを作成したいなど、メタデータから何かアクションを起こす場合は、「Metadata To CAE」機能が便利です。

 

プルダウンメニューGeometry⇒Metadata To CAEを選び、Create:や、From:、Metadata:の項目から、アクションやどのメタデータを基にするかを指定して、Applyボタンを押して下さい。

MetaDataToCAE.jpg

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.


×
×
  • Create New...