Jump to content

Recommended Posts

実稼動状態でのギアの応力解析は、ギアの疲労寿命を評価する上で重要です。

ただし、すべてFEMで計算していては膨大な計算時間がかかってしまいます。

しかし、Multi-Disciplinary Toolsと機構解析MotionSolveおよび構造解析OptiStructを用いれば、より軽負荷でギアの応力評価が可能となります。

ここでは、MotionSolve解析事例・サンプルモデルのうち、MV08のDifferential Gearを用いて、本手法を紹介します。

本手法では下記のMulti-Disciplinary Toolsが必要となりますので、事前に準備をお願いします。

マルチボディソルバAltair MotionSolve : https://www.altairhyperworks.jp/product/motionsolve

構造解析・構造最適化Altair OptiStruct : https://altairhyperworks.jp/product/optistruct

Share this post


Link to post
Share on other sites

続きです。

MotionSolveで求めた接触荷重をOptiStructのFEモデルにマッピングし、応力解析を行います。

直接法の線形過渡応答とモード法の線形過渡応答が提供されますが、線形解析ですので、直接法で十分なパフォーマンスが得られると思います。

Share this post


Link to post
Share on other sites

Create an account or sign in to comment

You need to be a member in order to leave a comment

Create an account

Sign up for a new account in our community. It's easy!

Register a new account

Sign in

Already have an account? Sign in here.

Sign In Now
Sign in to follow this  

×