Jump to content

Recommended Posts

実稼動状態でのギアの応力解析は、ギアの疲労寿命を評価する上で重要です。

ただし、すべてFEMで計算していては膨大な計算時間がかかってしまいます。

しかし、Multi-Disciplinary Toolsと機構解析MotionSolveおよび構造解析OptiStructを用いれば、より軽負荷でギアの応力評価が可能となります。

ここでは、MotionSolve解析事例・サンプルモデルのうち、MV08のDifferential Gearを用いて、本手法を紹介します。

本手法では下記のMulti-Disciplinary Toolsが必要となりますので、事前に準備をお願いします。

マルチボディソルバAltair MotionSolve : https://www.altairhyperworks.jp/product/motionsolve

構造解析・構造最適化Altair OptiStruct : https://altairhyperworks.jp/product/optistruct

Share this post


Link to post
Share on other sites

続きです。

MotionSolveで求めた接触荷重をOptiStructのFEモデルにマッピングし、応力解析を行います。

直接法の線形過渡応答とモード法の線形過渡応答が提供されますが、線形解析ですので、直接法で十分なパフォーマンスが得られると思います。

Share this post


Link to post
Share on other sites

 

Inspireを用いたギアの接触解析例をアップロードしました。

接触力を求めるだけでしたら、Inspireで簡単にモデルのセットアップ、解析が可能です。

ギアの応力まで求めた場合は、Inspireのモデルをエクスポートして、ここで紹介した手法に繋げることができます。

 

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.

Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...