Jump to content
Sign in to follow this  
KOBAYASHI

CADからの材料引継ぎ機能

Recommended Posts

V2019.3.0からCATIA, NX, JTについては、CADで設定されている“材料名”と同じ名前の材料データをMaterial databaseから適用する機能が追加されました。

確認したところ、日本語材料名は非対応のようです。

また、大文字と小文字も区別しているようで、STEELとSteelを別物として認識します。

 

Creoversionにより材料名が格納されているタグが異なるようで、Geometry import settingsの下部にある、Custom metadata attributesからMATL_CNH or PTC_MATERIAL_NAME

追加することで読めるようになります(下図参照。)

 

Creo.png.76c5a8d5c3f62abe8fec940795ae7d09.png

 

 

Share this post


Link to post
Share on other sites

SOLIDWORKSからの材料引継ぎは、現状SOLIDWORKS add-inからSimSolidを起動した場合のみ可能です。

その場合、CATIAなどの引継ぎと異なり、SOLIDWORKSで設定している材料物性値を引継ごうとします。

最低、ヤング率E、ポアソン比nu、密度rho, 熱伝導率k、熱膨張率CTEが設定されていることが必須です。

例えば、熱関連の物性値が設定されていない場合、引継ぐには"1"などの適当な数値を設定頂く必要がございます。

Share this post


Link to post
Share on other sites

引継ぎ情報と関連ないですが、SimSolidが対応しているCADフォーマットは下記となります。

CATIA、NX、PTC/Creo、SOLIDWORKS、Inventor、Fusion360、Onshape
Parasolid、 STEP、 JT、 ACIS、VDA、PLMXML、CGR、STL
 

※各CADのサポートバージョン情報は、Help->CAD Integration->File Handling and Formatsよりご確認頂くことが可能でございます。

Share this post


Link to post
Share on other sites

Fusion360からの材料引継ぎは、現状Fusion add-inからSimSolidを起動した場合のみ可能です。

(SOLIDWORKS add-inからの挙動とほぼ同様でございます。)

Fusion360内で設定している材料の物性値を引継ぎます。

ただ、SimSolidが日本語に対応していないため、材料データ名に日本語を含む場合、物性値は引き継がれますが材料名に??などが現れることがございます。

その様子の動画を添付させて頂きました。

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.

Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...