Jump to content
Sign in to follow this  
Yamakura

パラメータの種類について

Recommended Posts

Altair Fluxではパラメータを作成して計算設定に利用することができます。

パラメータには下図の様にいくつかの種類があります。

適切に利用することで、パラメータスタディなどを簡単におこなえます。

 

1):Geometric parameter

形状関係、座標関係に使用できるパラメータです。

依存関係がなければScenarioから変更するパラメータとして定義することが可能です。

Geometric parameterの定義には他のGeometric parmeterを利用することが可能です。

image.png.4e629c246a8dbc96b65e4fe771d3027f.png

 

2):Parameter I/O

 

  • Parameter controlled via a scenario
    Scenarioから変更するパラメータとして定義することが可能です。
  • Parameter define by a formula
    Scenarioから直接は変更しないパラメータです。
    ほかのパラメータと依存関係を持つことが可能で、関係あるパラメータの値が変わると対応した値に更新されます。
  • Parameter defined by a table of values
    他のパラメータとテーブルで依存関係を持つことが可能です。
    過渡解析などで時間変化するパラメータなどを利用したいときなどに利用します。
  • Parameter for multiphysical application
    マルチフィジクス用のパラメータで、外部のソフトウェアとのやり取りをするときなどに利用します。

 

image.png.3dbb12b7c81e001992fc00dc12ad1cd6.png

 

3):Spatial quantity

分布量をパラメータとして登録できます。

着磁分布を引き継ぐときなど、分布を設定するときに利用するパラメータです。

 

image.png.31e610d22ca8150898e6c368ff12c41f.png

 

image.png

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.

Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...