Jump to content
Sign in to follow this  
Kosuke IKEDA

FMUのインポート機能で連成シミュレーションを行う

Recommended Posts

MotionView / MotionSolve 2019.1より連成シミュレーションの規格であるFMI (Functional Mock-up Interface)2.0のImport機能をサポートしました。他のソルバからModel-ExchangeもしくはCo-Simulationで出力したFMUをインポートして連成シミュレーションが行えます。

 

今回は、

MotionView / MotionSolveのチュートリアル

MV-7009: Simulinkとの連成シミュレーション – IPCアプローチ

にあるMotionSolveとSimulinkを連成させる倒立振子の例題を用いまして、Simulinkで作成したコントローラをActivate経由でFMU化して、MotionSolveとFMUを接続してみました。あたかもMotionView / MotionSolve単体のシミュレーションのように操作できます。ぜひ、ご利用ください。

 

SimulinkモデルをActivateに取り込む方法は下記で紹介しています。

 

マルチボディソルバAltair MotionSolve : https://www.altairhyperworks.jp/product/motionsolve

1DシミュレーションツールAltair Activate : http://solidthinking.jp/product/activate/

 

fmu_import.zip

動画で使用したファイルはこちらからダウンロード可能です。

※ファイルのダウンロードには、必ず当フォーラムへのログインが必要となります。ログインしない状態でファイルをダウンロードすると、ファイルが存在しないといった旨のメッセージが表示されますが、実際にはログインするとダウンロードが可能になります。

Share this post


Link to post
Share on other sites

Model-ExchangeはLinear解析・固有値解析もサポートしています。倒立振子問題において、コントローラ無しでは、実部が正の固有値が現れ、不安定であることがわかります。しかし、コントローラ有りでは、すべての固有値の実部が負となり安定化していることが確認できます。

 

Co-SimulationはLinear解析・固有値解析をサポートしておりません。Model-Exchangeをご利用ください。

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.

Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...