Jump to content
Sign in to follow this  
アルテア福岡

常微分方程式のブロックの作り方

Recommended Posts

時間を変数とする常微分方程式は Activate で簡単に、解けます。ちょっと頭が慣れる必要があるかもしれません。

 

例1) 自由落下。

 

落下距離を Y とすると、速度は Y', 加速度は Y'' で、皆さんご存じの通り Y'' = 9.8 [m/s] です。これを解くには、実は、微分の回数の多い Y'' から順番にブロックを作るだけなのです。動画で説明します。

動画で作ったモデルはこちら、FreeFall.scm

 

例2) 人口モデル

今の人口を Y として、Y に比例した分だけ増えるという式は、Y' = a Y となります。これも Y'からブロックを作るだけです。動画で説明します。

動画で作ったモデルはこちら Population.scm

 

例) バネマスの運動

 

MX''+CX'+KX=F です。これを X''= (-CX'-KX+F)/M とすると、あとは上二つと同じような考え方でブロックを作れます。一番微分回数の多い加速度 X''= 何某、の形にするのが肝です。

動画で作ったモデルはこちら、MCK.scm

 

SIR モデル

S'=-BSI

I'=BSI-GI

R'=GI

の連立方程式ですが、式の変換とか一切考えずに、そのまま計算できます。SIR.scm

 

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.

Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...