Jump to content

Recommended Posts

どの時間ステップのリスタートが出力されているかは、OUTPUT/restart.txtで確認します。1列目が時間ステップ、2列目が物理時間になります。
100 0.01
200 0.02
300 0.03
 
300ステップからリスタートをする場合、.cfgファイル内のリスタート関連コマンドを以下のように編集します。
restart true
restart_from_step 300
 
v2019からは、コマンド入力(-r true)で最新のリスタートファイルからの計算が可能です。上記例ですと、300ステップから計算。
mpiexec -np 1 ~/nfx.bin -i test.cfg -r true
 

最新のリスタートファイルを利用するという点では、.cfg内、以下のコマンドも利用可能です。

restart_from_step last
 
restart_from_dirコマンドを用いて、リスタートファイルが格納されたフォルダを指定することができます。
閉じた環境においては特に不要ですが、例えば、クラウド上で計算をしている場合にご利用いただけます。リスタート計算時には、rankフォルダ内にある.fdyデータを利用します。リスタートのジョブ投入時、これらのファイルを抽出し、フォルダ構成を保ったリスタートファイル一式の準備がジョブ投入時に必要となります。当コマンドの使用により、計算結果データ内のパスを支持するだけで、リスタートファイルを認識させることができます。指定するフォルダの場所はOUTPUTです(restart,txt、Used_casefile.cfgなどがある階層です)。
Edited by nanotaro

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.

Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...