Jump to content

Recommended Posts

シミュレーションを実行するコマンドは以下になります。ジョブ投入後、ログファイルの他、nvidia-smiコマンドで実行状況を確認できます。

CUDA_VISIBLE_DEVICES=0 mpiexec -np 1 nanofluix.bin -i test.cfg

 

CUDA_VISIBLE_DEVICESコマンドを用いて、使用するGPUのデバイス番号(上記では0番)を指定します。この指定がない場合、常にデバイス番号0を参照します。複数のGPUがあり、複数のジョブをそれぞれのGPUに割り当てる場合、上記コマンドのデバイス番号を変更して実行してください。

 

追記1:
上記にて、デバイス番号を振り分けた複数ジョブの実行をしたにも関わらず、同じデバイス番号にジョブが重複してしまう場合があります。その際、以下の環境変数を適用後、再度実行をお試しください。詳細は割愛しますが、番号を取得する方法をBUS IDに指定することで、常に各GPUが同じデバイス番号を参照するため、意図した実行が可能になります。

export CUDA_DEVICE_ORDER=PCI_BUS_ID

 

追記2:

デバイス番号の指定が不要であれば、CUDA_VISIBLE_DEVICESコマンドは不要です。例:1GPU搭載機で実行、2GPU搭載機で2並列で実行。

mpiexec -np 2 nanofluix.bin -i test.cfg

 

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.

Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...