Jump to content
Sign in to follow this  

Recommended Posts

粒子はグループ毎に相番号(Phase ID)を割り当てます。この番号は、1から始まる昇順の整数で抜けがない必要があります。この規則を基に、Phase IDに関するプリポスト処理時の注意点をご紹介します。

 


プリ処理(SimLab:バージョン2019.2)
Material IDがnFXのPhase IDに相当します。IDに抜けがあると出力時にエラーとなります。Model Browserで出力対象の粒子ボディ(表示されているものが対象)に割り当てられたMaterial IDが、上記の規則通りかご確認ください。必要に応じて、IDを変更してください。出力すべきボディが非表示のため、IDに抜けが生じてしまっていることもあります。

また、各固相粒子ボディに固有のMaterial IDを割り当てる必要はありません。同じMaterial IDとした場合、一体化したPhase IDとして出力されます。

 


nFXコマンドファイル(*.cfg)
そもそもPhaseコマンド内にIDを定義する箇所がありません。ファイル内、Phaseコマンド内、上の行からPhase ID = 1、2、3、となります。

 


ポスト処理(ParaView)
特定のPhase IDの情報抽出するには、Threshold機能を使用します。Thresholdメニュー内、ScalarsからPhase IDを選択し、Minimum、MaximumにてPhase IDの範囲を指定します。SimLabもしくはnFXコマンドファイル(*.cfg)を参照し、必要なIDを指定してください。
 

Share this post


Link to post
Share on other sites

Join the conversation

You can post now and register later. If you have an account, sign in now to post with your account.

Guest
You are posting as a guest. If you have an account, please sign in.
Reply to this topic...

×   Pasted as rich text.   Paste as plain text instead

  Only 75 emoji are allowed.

×   Your link has been automatically embedded.   Display as a link instead

×   Your previous content has been restored.   Clear editor

×   You cannot paste images directly. Upload or insert images from URL.

Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...