Jump to content
Sign in to follow this  
Kosuke IKEDA

OptiStructのDMIGPCHファイルからMCKマトリクスを読み込む(高度なテキスト読み取り)

Recommended Posts

OptiStructにてCMSを作成するときに、PARAM, EXTOUT, DMIGPCH を定義することで、質量、減衰、剛性マトリクス(MCKマトリクス)をテキストファイル(_AX.pch)に書き出すことができます。

今回は、このファイルをComposeで読み込んで、いろいろ演算してみます。

現在、_AX.pch用のリーダが提供されていませんので、自分で記述する必要があるのですが、下記のように列によって行数がばらばらでなかなかスクリプトを記述するのが難しいです。

image.png.b45ce4728cf31f3402b995e416629df0.png

海外にヘルプを頼んだところ、下記のようなスクリプトを書いてくれました。これまでgetlで一行ずつ読み込む方法しか使ったことが無かったのですが、下記のように一度に読み込むことで、複数行にまたがるデータの処理がやり易くなります。

image.thumb.png.d0e9e481460d441c0f67d958afa702dd.png

最終的に、Kmat,Mmat,Bmatにデータをマトリクス状に格納して、固有値計算、運動エネルギ分担率を算出してみました。

3Dバープロットでどの自由度とどの自由度が連成しているかを確認してみました。

image.thumb.png.d1f888ca1cb72e1a82fa76e80dc90776.png

テキストの読み取りテクニックが詰まっていると思いますので、ぜひ一度トレースしてみてください。

これを理解すれば、様々なテキストが読み取れるはずです。

 

科学技術計算ソフトウェアAltair Compose : http://solidthinking.jp/product/compose/

 

dmigpch_reader.zip

※ファイルのダウンロードには、必ず当フォーラムへのログインが必要となります。ログインしない状態でファイルをダウンロードすると、ファイルが存在しないといった旨のメッセージが表示されますが、実際にはログインするとダウンロードが可能になります。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...