Jump to content
Sign in to follow this  
アルテア福岡

クリープ解析、1要素モデルの例題

Recommended Posts

oneelem.fem です。

 

200MPa で引張り圧力を保持してクリープでびよーんと伸ばします。

 

image.png.4ee1d29da6ae22cdd3623019db39d36a.png image.png.9206f7de94f2a6be6e15c2f0328918e2.png

 

詳細はリファレンスに任せて、少し簡単に説明します。

 

クリープ材料は MATVP カードで設定します。MAT1 にかぶせる形で使います。パラメータは HyperStudy で、合わせこんでください。HyperStudy の材料パラメータ同定のチュートリアルは HS-4200 です。クリープではないですが。

image.png.4dda83252cc4adb60a27d5d2c79cc1ce.png

 

サブケースは2サブケース構成にしました。サブケース1ではクリープを考えない(くらい短い時間での)非線形静解析、でサブケース2でクリープを有効にしました。分けなくても良いので、使い分けてください。

 

2020-07-14_13-05-04.png.f5bbcddbe5539b8a1955d20746f27a31.png

 

クリープひずみを出すにはこれが必要です。

image.png.91b853ee91f6cf54323d8e897b116e38.png

 

 

 

 

 

 

 

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...