Jump to content
Sign in to follow this  

Recommended Posts

RFORCEカードを用います。

HyperMeshではload collectorのカードイメージでRFORCEを選択してください。

R1/R2/R3は回転軸ベクトルを指定します。単位ベクトルにして頂くことをお勧めいたします。

Gは回転軸が通る節点のIDを割り当てます。これにより回転軸が決まります。

Aは「単位時間当たりの回転数」となります。

 

RACCは角加速度のため、角加速度が必要なければ設定なしとします。

 

入力ファイルのサンプルは以下です。

 

$
SUBCASE        1
  LABEL loadstep1
ANALYSIS STATICS
  SPC =        1
  LOAD =        2
  OLOAD(H3D) = ALL
$
BEGIN BULK
$
GRID           1        0.0     0.0     0.0    
GRID           2        10.0    0.0     0.0    
$
CONM2          2       2       0     3.0     0.0     0.0     0.0       
$
CBUSH          1       1       1       2                               0
$
PBUSH          1       K100.0   100.0   100.0   100.0   100.0   100.0  
$
RFORCE         2       1       05.0     0.0     0.0     1.0            
+       0.0                    
$
SPC            1       1  123456     0.0
ENDDATA
$

 

回転軸から10の距離の位置に3の質量ついているとします。

遠心力 F = mrω^2 = mr(2πA)^2 = 29607

であり、結果のApplied Forceでもおおよそ同じ値が得られていることが確認できます。

Share this post


Link to post
Share on other sites
Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...